2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 K-1参戦2戦目で鈴木勇人と対戦したヴィトー・トファネリ。鈴木の左ミドルに対し、カーフキック(膝より下を蹴るローキック)のカウンターとパンチで応戦。鈴木が右目じりをカット&出血し、ドクターストップによるTKO勝ちでK-1初勝利を上げた。

 一夜明け会見でトファネリは「子供の頃からK-1のテレビゲームをやっていて、K-1は憧れの存在だった」と憧れの場所での勝利を喜び、自らのバックボーンでもある空手を活かしたKO増加を宣言。さらにK-1スーパー・ライト級王者である山崎秀晃とも「いずれ戦いたい」と語った。

ヴィトー・トファネリ
「昨日の試合はインテリジェントを見せて戦い、偉大な相手に偉大な勝利を勝ち取るために戦った。K-1で初めての勝利で非常に幸せに思っている。子どもの頃からK-1のテレビゲームをやっていて、本当に憧れの存在だった。そのK-1で勝てたことは本当に幸せだ。こんな幸せな時に多くを語ることはできないので、今は幸せということだけを伝えたい。(テレビゲームでよく使っていたのは)ピーター・アーツが大好きで、彼のKOの仕方(ハイキック)が大好きでゲームでもよく使っていました(笑)。

(今回はスーパー・ライト級での試合だったが?)この階級はとても自分に合っていると思う。スーパー・ライト級は非常に自分が強く、軽く動く感覚がある。(同級王者の山崎は)非常に素晴らしい選手で、昨日試合を見ていてどんどん前に出て素晴らしい戦いを見せてくれた。いずれ彼と戦いたいと思っています。

(元Krush王者である鈴木に勝利したが)チャンピオンに勝ったということで、もちろん自分も王座に挑む資格は持っていると思う。これからベルトの掛かった試合に挑戦していきたい。(昨日はカーフキックで攻めていたが?)昨日は戦術的に戦って勝利を収めた。自分のルーツは空手なので、自分の良さは蹴りだと思っています。これから先も蹴りをより洗練させてKO勝ちできるようにやっていきたいたい。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)大きな支えを頂いて本当に幸せだと思っています。これからもチャンピオンになるために戦っていきますので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録