2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 マキ・ドゥワンソンポンとK-1ウェルター級スーパーファイトで対戦し、ムエタイ100戦以上の強豪を相手に、ジャブと前蹴り、インローでペースを掴み、判定で勝利した近藤魁成。昨年8月の第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント決勝戦の山際和希戦で右手首を負傷して無念のTKO負けし、今回は復帰戦だったが、練習中に再び右手を負傷。

「右は使わない」と得意の右ストレートを封印しての戦いだったが、多用した左ジャブが効果的。以前よりスピードとパワーを増したジャブを的確にドゥワンソンポンの顔面に打ち込み、初回から鼻血を出させた。

 勝利のカギとなったジャブは「試合の1か月ほど前に、矢口トレーナー(PURGE TOKYO)にご指導いただいて、すごい練習しました」という。テクニックとプレッシャーには定評のあるムエタイ戦士を相手に、ジャブでダメージを与えて勝利した自信は大きい。「怪我が治ったら、すぐ試合をしたい。今年はたくさん試合をして、ベルトに近づきます」と近藤はK-1王座獲りを宣言した。

近藤魁成
「昨日は応援ありがとうございました。ドゥワンソンポン選手はすごい強くて、苦戦してしまったんですけど、収穫もあったので、次に期待してほしいなと思います。(右手が万全ではない状態だったが?)試合前から右手はほぼ使わないように決めていたので、左を多く出してしまったというか、右が出せなかったです。(右が使えない分、左が上手くなった?)試合の1カ月ほど前に、矢口トレーナーに今回の試合に向けて、対策ではないですけどご指導をいただいて、そこですごくジャブがカギだということですごい練習しました。

(右手の怪我でまた試合間隔が空いてしまいそう?)あんまり自分自身は空けたくないんですけど、完治したらすぐ試合をしたいです。(改めて今後の目標は)今年は試合をたくさんして、ベルトに近づこうと思うので期待していてください。

(タイ人選手の蹴りのパワーや体の圧力は?)蹴りはめちゃめちゃ硬くて、腕も少し痛いんですけど。圧力っていう部分では正直、差はあんまり感じなかったです。(今後も外国人と試合したい?)もっと海外の強豪選手と戦って、経験値を積んでいきたいと思ってます。(ファンへのメッセージを)今年は試合をたくさんして、進化した姿を見せれるように日々頑張っていくので、今後も応援をよろしくお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録