2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 蓮實光とK-1ライト級スーパーファイトで対戦し、蓮實のパンチをことごとくかわし、的確なパンチとミドルでポイントを重ねて判定勝利した功也。ただ2度のアクシデント(功也の連続攻撃の中で蹴りが蓮實の金的を直撃。それに功也が気づかずに左ストレートを打ち込み、蓮實がダウンする形に)が思わぬ形で功也に影響した。

「あれで強引に倒す、という選択肢がなくなってしまった」と功也。その中で
見せられる技術として「自分が手を出さなくても、間合いや体を振ったりする技術で相手の手数を出させなくする」戦術に切り替えた。結果は、蓮實の強打をことごとくかわし、功也が「アンタッチャブル」ぶりを見せつけて完封勝利を収めた。

 自らのジムをオープンするための1年2か月の充電期間を経て、昨年9月のK-1大阪大会で復帰戦で勝利し、今回で復帰後2連勝。ようやく「完全復活」への確かな手ごたえを掴んだ。

「今回はまだ自分の中で調整しながらやっていて、次は100%の卜部功也で行けると思うので楽しみにしててほしいです」

 蓮實のパワーとプレッシャーを完璧に封じ込めた功也が、さらに仕上げて「完全体のアンタッチャブル」となった時は誰が攻撃を当てられるのか。次戦に大いに期待しよう。

卜部功也
「(昨日の試合について)途中、アクシデントがあったんですけど。まあ、技術は見せられた試合が出来たかなと思ってます。まだこれが100%じゃないので、次、期待してほしいです。(昨日の段階だと何パーセント?)ちょっと自分の中で調整しながらやってたんで、まだ60%くらいです。でも次は100%で行けると思うので楽しみにしていてほしいです。

(一夜明けての心境は?)昔の感覚というか、距離感だったり、反応だったりとか、そういう部分が戻ってきて、まず嬉しかったですね。(試合の中で特に上手くいった技術は?)正直言うと、あのアクシデントがあって、自分の中では強引に倒すっていう選択肢が、ちょっと申し訳ないですけど、素面になっちゃってなくなった段階で『自分が見せられる技術は何だろう?』と思って。距離だったりとかポジションとか、そういう分かりづらいですけど、自分にしか見せれない技術。手を出さなくても制することができる、っていう。そういう自分にしか出来ないと思っているものを見せました。

(試合で実際に出せたと思う?)そうですね。手数も少なくしたり、間合いとか体を揺らしたりとか。止まって、あえて様子を見たりだとか。結構スパーリングではやるんですけど、(攻撃しなくても)相手に手を出させなくすることは出来るんで。色々と考えながら、フル回転でやってましたね。

(解説の魔裟斗さんが2回ぐらい「全盛期の体じゃない」と)すぐ言うれるんですよね(苦笑)。次、もうちょい仕上げます。本当にラントレとかもまだ少なかったかな、とか。8週間ペースでスケジュールを組んで、3週間追い込んで、1週間調整して、また3週間スパーリングを多めにして、とか。結構工夫しながらやったんですけど、まだまだ練習しなきゃな、って思いました。ダメですね、もっと練習します。(次はナイスバディで)はい、そこで戦ってるわけじゃないんですけどね(笑)。次、頑張ります。

(最後にファンのみなさんへのメッセージを)次は『100%の卜部功也』を見せれると思うんで、期待してください」

 

選手登録