2021.03.22

 3月22日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.1~」の一夜明け会見が行われた。

 メインイベントとなる[第13試合/K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・江川優生に挑んだ椿原龍矢。両者は昨年9月のK-1大阪大会のスーパーファイトで対戦し、その時は椿原がフットワークとヒット&アウェーを駆使して判定勝利。今回はタイトルマッチでの再戦となり、椿原は前回同様のアウトボクシングで江川の強打を空転させて延長判定勝ちし、第4代K-1 WORLD GPフェザー級王者に輝いた。

 常に笑顔で従来の王者とは異なるイメージを持つ椿原。一夜明け会見でも笑顔で王座戴冠の喜びを語る一方、、自身のベースが空手であることから今後は“一撃必殺”も追求したいと話し「無敵の、誰にも負けないチャンピオン」を目標に掲げた。

 また中村拓己K-1プロデューサーからは「これからはチャンピオンとしての試合も求められるし、お客さんとも勝負してほしい。ベルトを巻いてどうチャンピオンとして成長していくかを楽しみにしている」という言葉もあり、椿原は「今すぐにと言われたら、なかなか難しいかもしれませんが、必ず着実に求められる選手になっていこうと思う」とチャンピオンとしての意気込みを語った。

椿原龍矢
「(試合の感動は?)昨日の試合は全然覚えてなくて、必死こいて戦って、とにかく勝ててよかったと思ってます。昨日は試合が終わってホテルに帰って、めっちゃベルトを眺めたり、めっちゃ写真を撮ったりしようと思っていたんですけど、疲れすぎてすぐ寝ちゃいました。そしたら会見の時間になっちゃったので、アワアワして出てきた感じなんですけど、夢にまで見てたベルトが目の前にあってめっちゃ嬉しいなと思います。

(チャンピオンとしての理想像は?)僕は空手をずっとやってきて“当てさせずに当てる”というのが格闘技の理想なのかなとも思っています。でも空手家=“一撃必殺”とも言うので、当てさせずに当てて、なおかつ一撃で倒すというのが僕が求めてる理想のスタイルなので、そうなれるように頑張っていこうと思ってます。

(空手に対するこだわりは?)なんか…空手ってカッコよくないですか(笑)? 僕は空手家っぽくなりたくて三日月蹴りや顔面前蹴りを練習しているので、“空手家”というものに引っ張られているのはあるかと思います(笑)。(理想の空手家は?)自分を指導してくれている代表も空手家ですし、周りが空手家の中で育ってきたので、尊敬する選手もたくさんいます。そんな選手たちに負けないように頑張ろうと思ってます。

(中村Pからは「これからはチャンピオンとしての試合も求められるし、お客さんとも勝負してほしい」という言葉もあったが)チャンピオンになったからには、期待を掛けてもらっている分、しっかり応えさせてもらえるよう頑張ろうと思ってます。今すぐにと言われたら、なかなか難しいかもしれませんが、必ず着実に周りに求められる選手になっていこうと思ってますので応援よろしくお願いします。

(月心会としてはK-1 JAPAN GROUP初の王座戴冠になったが?)昨日チームとも喋って、TETSUも(野田)蒼も真優もみんな声を掛けてくれて、1発目に和島(大海)さんに会った時には『兄貴 やったりました。すみません、お先です』とは言っておきました(笑)。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。チャンピオンにはなったんですけど、まだ無敵のチャンピオンにはなってないないと思います。でも僕は今から無敵の、誰にも負けないチャンピオンになっていこうと思うので、チャンピオンの僕を、今から始まったばかりの僕を見ていてもらえたらと思います。ありがとうございました」

 

選手登録