2021.03.22

 3月21日(日)東京ガーデンシアターにて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K'FESTA.4 Day.1~」が開催された。

 今年は2週連続での開催となった“K-1年間最大のビッグマッチ”「K'FESTA.4」。初日となる「Day.1」のメインイベントではフェザー級タイトルマッチとして王者・江川優生と挑戦者・椿原龍矢が激突。両者は昨年9月K-1大阪大会のスーパーファイトで対戦しており、その時は椿原が判定勝利を収めた。

 リベンジと王座防衛を狙った江川は序盤からプレッシャーをかけて前に出るが、椿原は前回同様に軽快なステップワークとカウンターで応戦。延長までもつれた接戦は椿原に軍配が上がり、椿原が第4代王座に就いた。

 セミファイナルでは山崎秀晃がK-1スーパー・ライト級王者としての初戦で不可思と対戦。山崎は開始直後に強烈なバックブローを繰り出すと、そのままパンチで猛ラッシュ。左のパンチで不可思からダウンを奪うと、足元がおぼつかない不可思を見てレフェリーが試合をストップし、山崎が圧巻のKO勝利を収めた。

 第11試合の村越優汰vs芦澤竜誠では芦澤が持ち前のアグレッシブファイトで会場を沸かせるも村越に惜敗。注目のK-1初参戦となった篠塚辰樹は小澤海斗に延長判定2-1で勝利し、苦しみながらもK-1初戦をものにした。

 前半戦(第1~第8試合)では瓦田脩二が飛びヒザ蹴りで東本央貴の眉間を切り裂いてTKO勝利。クルーザー級のサッタリ・ウィラサクレックが加藤久輝をKOで下してインパクトを残した。

 今大会はプレリミナリーファイト4試合中3試合がKO決着。プレリミナリーファイト第4試合では昨年K-1甲子園王者・松山勇汰がヒザ蹴りでKO勝利を収め、昨年12月K-1両国大会に続いてプロ2連続KO勝利を収めた。

☆全試合結果・写真・レポート
https://bit.ly/3cRFWva

 

選手登録