2021.03.01

 3月1日(月)都内にて記者会見が開かれ、3月28日(日)に日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」に追加対戦カードとして、ゴンナパー・ウィラサクレックvs南雲大輝のK-1ライト級スーパーファイトが発表された。

 会見に先立ち、現在K-1ライト級王座とKrushライト級王座の二冠王であるゴンナパーが登場。Krushライト級王座を返上することが発表された。会見に同席した中村拓巳K-1プロデューサーからは、K-1王者としてKrush王座の防衛戦を行うのは難しく、またKrushライト級戦線の活性化や他のライト級の選手にチャンスを与える意味もあって返上が決定したという。

 また、対戦相手の南雲は日本人選手として初めて、現地でミャンマーラウェイの王座を獲得した選手だが、これまではK-1ジム大宮所属・金子大輝のリングネームでK-1やKrushのリングで戦っていた。今回、日本武道の聖地である日本武道館での試合ということや、試合の日が自分の誕生日であること、そして自身が熱望していたゴンナパーとの一戦が決定したことなど、様々な理由があり、心機一転、自分を生んでくれた母親への感謝の気持ちも込めて、母親の姓である「南雲」に変更し、K’FESTAの大舞台に立つことになった。そして、所属先もK-1ジム大宮から八光流柔術総本部に変更している。

 現在のK-1のリングでは異色とも言えるムエタイvsミャンマーラウェイの異種格闘技戦の実現となったが、受けて立つK-1王者のゴンナパーには、「リングに立ったらみんな同じ選手として練習を重ねているので、誰が強いとか弱いとか上手いとか下手はなく、リングの上では全力を尽くしたい」と、特別な意識はない様子。しかしながら「今回ミャンマーラウェイの選手と対戦するの初めてなので、きっちり研究してから臨みたい」と油断は微塵もない。

 K-1王者としてはこの試合が初めてのリング。「タイに帰っても多くの人が今までよりも自分のことを知ってくれていると感じた」と、母国・タイでの知名度も上がった。「2021年初めての試合で、今年を占う一戦にもなると思うので、チャンスがあればKOで勝ちたいと」と、王者としての初試合をKO勝利で飾ることで2021年のスタートをいい形で切るつもりだ。「どんな格闘技の選手を相手にしても、ムエタイがナンバー1という気持ちは変わらない」とキッパリと言い放ち、K-1王者として、ムエタイ王者としての強さを南雲に見せつける。

 一方、そのゴンナパーとの対戦を熱望していた南雲。ミャンマーラウェイのキャリアがありながら、未だK-1ルールに適応できていない自身に対して、ゴンナパーはムエタイの王者からK-1の王者となった。そんなゴンナパーと、「拳を交えることでファイターと成長したい」というのが戦いを熱望していた理由だという。

 練習環境を八光流柔術に変えたことで、「ラウェイのベルトを戴冠できた環境だったり練習内容だったりを思い出して、今取り組んでいます」と、自身の原点にも立ち返ることができた。また、現在のミャンマーはクーデターがあって、政情が不安だ。そのため、「今はミャンマーも大変な状況なので、自分がミャンマーの伝統格闘技を背負って、この命を張らせていただく」と、今回の試合に対しての気持ちは並々ならぬものがある。

「ミャンマーの皆様を思うと、逆に僕が勇気づけられる思いなので、自分の試合を見て勇気を持ってほしいなとは言えません。皆様と一緒に戦う、そんな試合にします」と、ミャンマーとミャンマーラウェイ一千年の歴史を背負って、一世一代の大舞台に立つ。

ゴンナパー・ウィラサクレック
「今回は自分にとっても2021年初の試合になる。今回、自分の選手としてのさらなる成長をお見せするこのような機会を与えていただいて、プロモーターの方には本当に感謝しているし、うれしく思う。28日には自分としても全力を尽くして、自分の義務を果たそうと思う。皆さんが見ていて楽しいと思えるような試合をしたい。

(対戦相手が決まった時の心境と対戦相手の印象は?)自分としてもミャンマーラウェイの選手と戦うのは今回が初めてなので、そういう意味ではとてもうれしく思っている。リングに立ったらみんな同じ選手として練習を重ねてきているので、誰が強いとか弱いとか上手いとか下手はなく、本当にリングの上では全力を尽くしたいと思う。(ミャンマーラウェイのイメージは?)ミャンマーラウェイについて細かい知識はないが、自分としては非常にムエタイに近いものだと感じてる。ミャンマーラウェイの選手と対戦するのは初めてなので、きっちり研究してから臨みたい。

(K-1チャンピオンになってどんな変化があった?)タイに帰っても多くの人が今までよりも自分のことを知ってくれていると感じた。自分としては凄くうれしいというか、変わったなと思った。(練習に関して、まだコロナの影響は残っているのか? その中でどんな練習ができていて、試合までどんな練習計画を立てている?)自分は通常通り練習ができている。全くコロナの影響はないし、全力で練習できている環境だ。

(試合ではどんなイメージでどんな結末を描いている?)ぜひ皆様におもしろい試合をお見せしたいと思っている。2021年初めての試合で、今年を占う一戦にもなると思うので、チャンスがあればKOで勝ちたいと思う。(相手が別の格闘技の選手だが、ムエタイがナンバー1という気持ちは変わらない?)どんな格闘技の選手を相手にしても、ムエタイがナンバー1という気持ちは変わらない」

南雲大輝
「(リングネームと所属先変更について)このたびはリングネームを変更させていただきました。経緯としましては、K'FESTA出場にあたり、3月28日、自分で言うのも大変恐縮なんですけど、誕生日でして。誕生日に試合をさせていただくということが一つと、あと日本武道館という舞台、ミャンマーの伝統格闘技・ミャンマーラウェイを背負って立って戦わせていただくことが一つ。八光流柔術でお世話になり、対戦相手として戦っていただくゴンナパー選手も、ムエタイのチャンピオンであり、K-1のチャンピオンです。そういうこともありますので、3月28日は生まれ変わったような気持ちです。そして南雲という名前は僕の母の名前です。僕を生んで育てていただいた母への恩返しになる一戦になるように一生懸命戦いますので、応援よろしくお願いします。

(試合への意気込み)結果が出てない身でありながら、本当にこのような大きなチャンスをいただいたことに、本当に心より御礼申し上げます。K-1関係者の皆様、そして対戦を受けていただいたゴンナパー・ウィラサクレック選手、本当に感謝の気持ちしかないです。K-1ファンの皆様におかれましても、意見というか結果が出てない身でありながら出場させていただくことにいろいろあると思うんですけど、今はミャンマーも大変な状況なので、自分がミャンマーの伝統格闘技を背負って、この命を張らせていただくこと、本当に光栄に思います。一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします。

(対戦相手が決まった時の心境と対戦相手の印象は?)最初の印象はシンプルに『マジかよ!』っていう感じでした。とても信じられないような心境ではあったんですけど、その瞬間から自分の中で燃えるものがありましたので、僕は本当に命懸けて戦おうという気持ちになりました。(ミャンマーラウェイの選手から見てのムエタイ選手のイメージは?)ミャンマーのお隣の国がタイということもありまして、ミャンマーラウェイ一千年の歴史の中で、ムエタイの選手とはラウェイルールで、何度も拳を交えてきた歴史があります。現在のラウェイ選手におきましても、ムエタイの技術をたくさん吸収して成長してまいりましたので、僕自身ゴンナパー選手をはじめ、ムエタイの選手から映像を見たりして学ぶことがとても多くて、哲学とかも自分にとって凄く勉強になるので、ラウェイ選手の視点から見ても、ムエタイの選手は素晴らしいファイターだと思ってます。

(ゴンナパー選手と戦いたかった一番の理由は?)一番の理由はチャンピオンだからというのもあるんですけど、ゴンナパー選手自身、ムエタイのキャリアがとても豊富でムエタイのチャンピオンで、それからK-1に対応というか、K-1ルールを学び、そしてチャンピオンになった選手です。その経緯から、僕もラウェイのキャリアがありながらまだまだK-1ルールには適応できてない感じがあるので、立ち技最強格闘技の中でゴンナパー選手と拳を交えることでファイターと成長したいと思ったのが理由ですね。

(ムエタイvsミャンマーラウェイという見方もあるが、そこは意識しているか?)やはり僕としては運命的なものをとても感じていて、僕がミャンマーラウェイのチャンピオンとしてK-1に出場させてもらっているんですけど、まだまだ発展途上です。しかしながらご縁ありまして、日本武道の八光流柔術の皆さんのもとで日本武道を学び、より深くミャンマーラウェイのことを理解することができています。対戦相手となりましたゴンナパー選手はムエタイのチャンピオンですので、それが日本武道館という武道の最高の舞台、K'FESTAで試合させていただけることは本当に光栄です。

(練習に関して、まだコロナの影響は残っているのか? その中でどんな練習ができていて、試合までどんな練習計画を立てている?)やはり密になるような環境では練習できないので、そこらへんは考えつつ練習しています。ただ、自分もミャンマーでの生活をここ最近思い出すことが多くて、外だったりとか、あまり詳しいことは言えないんですけど、ラウェイのベルトを戴冠できた環境だったり練習内容だったりを思い出して、今取り組んでいます。その取り組み自体は結果が出てなかった時はやってなかったものですので、次の試合では新しい自分を見せられると思っています。

(原点に返るような練習?)そうですね。非常に思い出すものが多いです。対戦相手がゴンナパー選手というところも、ミャンマーではミャンマーの選手とたくさん戦ってきたので、そういう意味でもたくさん思い出すことがあって、最近は非常に楽しく練習させていただいています。(試合ではどんなイメージでどんな結末を描いている?)僕としてはチャンピオンのゴンナパー選手が相手ですので、これまでのキャリアを見ていただいても僕が不利という見方をされて当然だとは思うんですけど、ミャンマーの今の状況だったりとか、リングの上では1vs1ではありますが、ミャンマーの皆様と共に戦う、そういう試合になると思っています。僕はミャンマーの皆様を思うと、逆に僕が勇気づけられる思いなので、自分の試合を見て勇気を持ってほしいなとは言えないので、皆様と一緒に戦う、そんな試合にします。

(K-1ライト級王者のゴンナパー選手に勝てば名前が売れるという思いはある?)名前を売りたいという思いはあってるかどうかはわからないんですけど、この一戦をきっかけにミャンマーの現状だったりとか、ミャンマー一千年の歴史を持つ伝統格闘技だったりとか、同時にタイのムエタイという素晴らしい格闘技を知っていただいて。僕は中国に行った経験があったりとか、ミャンマーに行った経験があったりとか、今では日本武道の八光流の皆様にお世話になっているんですけど、そういった意味で3月28日の格闘技の試合で、世界が少しでも近いものになる、そんな一戦になればいいなとと思って練習させていただいています。

(八光流柔術の道場にはいつ頃から練習している?)八光流柔術の皆様には林健太選手との試合の後ぐらいからご縁がありまして、今日までお世話になっています。八光流柔術というものも僕は勉強させていただいている最中なんですけど、日本古来の武道、武芸でありまして、護身術だとか日常生活そのものが稽古ということを勉強させていただいております。

(実際に練習を始めたのは?)練習自体は林選手とのマメに連絡を取らせていただいて、実際にミャンマーラウェイの映像も見ていただいて、K-1ルールにはこういうふうに適応できるんじゃないかというアドバイスをいただいています。もちろん打撃の練習をやらせてもらっています。(改めて所属先を変えた理由は?)所属としてお世話になったK-1大宮の姜代表には快く送り出していただき、以前からご縁がありました八光流皆様には快く受け入れていただき、一般の稽古のほうにも快く受け入れていただいて、いろいろな稽古をさせていただいてます。他にもK-1のジムに出稽古に行かせていただいて、ミャンマーラウェイだったりとか、八光流の理念だったり、色んな技術を学びながらK-1で対応というか、自分にしかできないものを作ってお見せできるキャリアにしていきたいと思っています」

 

選手登録