2021.02.28

 2月28日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.122」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行われた。

 第1試合で大石和希とKrushバンタム級ワンマッチを戦った藤田和希は、2Rに先にパンチをもらってダウンを喫してしまうが、3Rにスタンディングダウンを奪って挽回。続けて左フックを食らわせて見事な逆転KO勝利を収めた。

 中村拓己K-1プロデューサーより、「倒し倒されの試合で大会に火が点いた」と高評価を受けるほどの激闘を演じた藤田。今回はパンチの打ち方などを考えながら練習に取り組んでいたこともあり、試合前から倒せる自信はあったようだが、「それを狙い過ぎて1?2Rは動きが固かった」という。しかし、セコンドの神保克哉に「ボクシングしてこい」というアドバイスを受けて、動けるようになり、それがKOにつながったとのことだ。

 昨年は第6代Krushバンタム級王座決定トーナメントにも出場し、一回戦で敗退したものの、着実に実績を積み上げている藤田。口数は少ないものの、今後、バンタム級で戦いたい相手として、「やっぱりチャンピオンですよね」と欲もある。「次の試合は進化してんなという姿を見せて、1Rから打ち合いを作れるような展開に持っていけるようにするので期待していてください」と、進化した姿でバンタム級タイトル戦線への浮上を目指す。

「最終的に3Rで倒せたんですけど、2Rでダウンもらっちゃったので、会長が相当怒ってました(苦笑)。(逆転KO勝ちした要因は?)今回めちゃくちゃ自分の武器について、自分で考えてやってきたんで、倒せる自信はあったんですけど、それを狙い過ぎて1?2Rは動きが固かったなというのがあります。でも3Rはセコンドの神保に『ボクシングしてこい』って言われて、よく動けました。

(考えて練習したと言っていたが、どんなことを考えていた?)打ち方とかですかね。打ち方、倒せる方法とかも全部考えてきました。(3月のKrushの大会でバンタム級のタイトルマッチがあるが、どう予想している?)ああ、どっちでもいいです(笑)。(今後、バンタム級で戦いたい相手は?)やっぱりチャンピオンですよね、それは。

(何かアピールしたいことは?)特にないです(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは)次の試合も進化してんなという姿を見せて、1Rから打ち合いを作れるような展開に持っていけるようにするので期待していてください。ありがとうございました」

 

選手登録