2021.02.25

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で卜部功也と対戦する蓮實光のインタビューを公開!

――2021年最初の試合が「K'FESTA.4 Day.1」で決まりました。

「昨年の『K'FESTA.3』はプレリミナリーファイトで、今回はスーパーファイトということで非常に嬉しいです。今年1発目のK-1から蓮實光が暴れられるんだなっていう感じで、あとは結果を残すだけですね」

――試合そのものは昨年12月K-1両国大会の朝久泰央戦以来となります。あの試合を振り返っていかがでしょう?

「実際に対峙してみて朝久選手の上手さを感じましたし、自分に“これが足りない”というものが明確に分かった試合でした」

――どんなところが足りないと感じたのですか?

「自分はパンチに自信を持っていたんですけど、あの試合の敗因はざっくり言うとスピードだったんですよ。なので試合が終わったあとはスピードを補う練習をずっと続けています。それを出す場が3月21日なので、みなさんに注目していただければと思います」

――昨年は蓮實選手の存在がより知られるようになった1年だったと思います。

「よく『基本に忠実に』と言いますが、基本を大事に練習した成果が結果に結びついたと思います。そのうえで朝久戦で自分に足りない部分が新たに分かったので、またさらに次の試合で成長できると思います」

――今大会では元K-1ライト級王者・卜部功也選手との対戦が決まりましたが、どんな印象を持っていますか?

「技術もパワーもある選手なので、試合が決まった時は非常に嬉しかったですし、“ようやく俺もここに辿り着いたか”と思います。Krushのプレリミナリーファイトから始まって、Krushの本戦、K-1のプレリミナリーファイトで勝ってK-1の本戦に辿り着いて、卜部選手というネームバリューもあるトップ選手と戦うことになって。ようやく自分もそのレベルに肩を並べられたんだなって嬉しく思います。でもここから先はベルトを目指すだけなので、トップ選手と同じ立ち位置にきて、次はそこを超える時が来たと思います」

――ここで勝てば元王者への下剋上、大きな1勝になります。

「朝久選手にリベンジしたい気持ちも大きいんですが、僕が目指しているのはK-1チャンピオンという称号です。そのためにも絶対に落とせない大事な一戦なので必ず倒します」

――それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「ようやくこの場所に辿り着けたので、これからは蓮實光の時代を創っていきます。熱い試合になりますので、ご期待お願いします」

 

選手登録