2021.02.21

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で森坂陸と対戦する軍司泰斗のインタビューを公開!

――2021年最初の試合が「K'FESTA.4 Day.1」で決定しました。

「いろいろ環境も変わったし、『K'FESTA』に出るのは第1回大会以来なので、久々の『K'FESTA』でいい結果を残そうと思ってます」

――環境が変わったという部分で、今年お子さんが生まれたそうですね。

「はい、1月に生まれました。子どもができて守らないといけないものも増えて、考え方も変わったので、試合にもいい感じで臨めるかなと思います」

――昨年12月のK-1両国大会からフェザー級に階級を上げることになりました。その手応えはいかがですか?

「スーパー・バンタム級時代より減量が楽になったのはもちろん、減量が楽なだけじゃなくて当日の動きが見違えるように変化して、すごく動きやすいという実感がありました」

――現時点ではフェザー級が軍司選手のベストウェイトのようですね。

「はい。前回試合をやってる中で『これならKOを狙えるな』という手応えがあったので、これからどんどんKO勝ちを続けて結果を出したいと思います」

――今回の対戦する森坂選手とは2018年9月以来の再戦となります。前回の対戦では軍司選手が勝利しています。

「相手も強くなっていると思いますけど、自分の方が遥かに強くなっています。相手のトリッキーなところを封じ込めてKO勝ちするのが今回のテーマです。いろいろ研究はしていて、倒せるイメージは湧いているので倒せると思いますね」

――同じ日に江川優生選手と椿原龍矢選手のフェザー級タイトルマッチが組まれています。軍司選手はどう予想していますか?

「椿原選手とはアマチュアも含めて何度もやって強さを知っているし、江川選手も前回負けて強くなって帰ってくると思います。自分の予想としては…江川選手が椿原選手を研究して、ダウンを取って勝つかなって思います」

――それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「去年最後の試合をKOで勝てたので、今年はKOからスタートして全試合KOで勝つことが目標です。そこをしっかり実現させたいと思います」

 

選手登録