2021.02.20

 愛知・HEAT24中川店にて、3月28日(日)日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]で小鉄と対戦するアビラル・ヒマラヤン・チーターが公開練習を行った。

 昨年12月K-1両国大会でのK-1デビュー戦で、K-1スーパー・ウェルター級王者の木村"フィリップ"ミノルと対戦したアビラル。最終的には木村のパンチで目尻をカットし、ドクターストップによるTKO負けに終わったものの、木村から先制のダウンを奪うなどビッグインパクトを残した。

 木村戦では目尻のカットも含めてダメージが大きく「試合が終わった3週間ほど休んでから練習を再開した」。木村戦での経験を踏まえて、休んでいる期間にトレーニング内容を見直し、今回の試合に向けてフィジカル強化に着手した。

「木村選手と戦って、簡単に言うとパワーだったり、テクニックだったり、試合経験だったりが足りないと思いました。そのなかでも休んでいる間に色々と考えて、一番大事だと思ったのはフィジカル。怪我が治ってからはフィジカル練習を増やして、通常体重も2~3kgは増えました。ミットを持ってもらっているコーチから『パワーがついた』、スパー相手からも『攻撃が重くなった』と言ってもらえるようになりました」

 対戦相手の小鉄はK-1 JAPAN GROUPのスーパー・ウェルター級戦線で活躍を続ける実力者。アビラルは「去年のK-1福岡大会の試合とK-Jee選手に勝った試合を見たんですけど、パワーもテクニックもある選手だと思う」と分析しつつ「今自分はフィジカルを強化しているのでパワーは負けない自信がある。テクニックもムエタイの先生に教えてもらっているから、テクニックでも負けないです」と自信をのぞかせる。

 対戦カード発表会見で「KOショーを見せる」と宣言したアビラル。主戦場のHEATでは6連続KO勝利中で、ここまでの戦績も11戦9勝(8KO)2敗と高いKO率を誇る。両国では見せられなかったKOを見せることが小鉄戦のテーマだ。

「前回は負けちゃったけど、次はHEATで見せてきたようなKO勝利・KOショーを見せます。『K'FESTA』にはミノル選手も出るし、『K'FESTA.4』で組まれている同じ階級の試合でも一番インパクトがあるKOを見せます」

 これからのK-1での目標について聞くと「僕は格闘技を始めて3年でHEATのチャンピオンになって、その数カ月後にK-1に出て、ミノル選手と戦いました。次の目標はK-1のベルトを獲ること。今回は新しいアビラルの姿を見せてKOで勝ちます」とアビラル。K-1再出撃で衝撃のKO勝利を見せ、ベルトへの道を突き進むつもりだ。

 

選手登録