2021.02.19

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の[スーパーファイト/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R]で高梨knuckle美穂と対戦するMARIのインタビューを公開!

――今大会でK-1初参戦が決まりました。今はどんな心境ですか?

「K-1は強い選手が多い印象で、その大舞台に立つことができて、しかもすごく強い相手と対戦できるということで感謝しています」

――MARI選手はK-1初参戦となるので、これまでの格闘技歴を教えてください。

「小学校の時はバレーボール、中学校ではソフトテニスをしていたんですけど、15歳の時に兄が先に格闘技をやっていた影響で、自分も格闘技を始めました。それまで全く格闘技には興味がなかったんですけど、格闘技を始めた頃からアクション映画や女性が強いのはカッコいいなと思うようになりました。プロデビューしたのは17歳のときで、NJKFミネルヴァでピン級のベルトも巻くことが出来ました」

――今回の試合でMARI選手を初めて観る方もいると思うので、ご自身がどんな選手か教えてください。

「私はパンチが得意です。高梨選手もパンチが得意なので、パンチの打ち合いになるんじゃないかと思います。今回はインパクトを残して勝ちたいので、倒される覚悟で倒しに行きたいと思ってます」

――対戦相手の高梨選手にはどんな印象を持っていますか?

「高梨選手はプロ無敗の強い選手で、Krushの元チャンピオンということで、いつか対戦したいと思っていたのでうれしいです。ファイターとしてはパンチが強い・フィジカルが強い印象があります」

――MARI選手にとってはK-1に出ることだけでなく、高梨選手と戦うことにもモチベーションが高いようですね。

「はい。とにかく私は強い選手と試合がしたいっていう気持ちがあって、強い選手に勝つと嬉しさが違うんですよね。高梨選手は本当に強い選手だと思っているので、その選手と戦うことは楽しみです」

――今後K-1 JAPAN GROUPではどんな試合をしていきたいですか?

「先のことは全く考えていなくて、とにかく目の前の試合に全力を尽くしたいと思っています」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「負けても変わらず応援してくれる方々に勝って恩返しをしたいです。またK-1初参戦なのでインパクトを残せるよう、私を知らなかった方たちに知ってもらえるように倒される覚悟で倒しに行くので応援よろしくお願いします」

 

選手登録