2021.02.19

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/-59kg契約/3分3R・延長1R]で小澤海斗と対戦する篠塚辰樹のインタビューを公開!

――今大会でK-1初参戦が決定しました。今どんな気持ちですか?

「まず1年ぶりの試合が楽しみですね。しかもK-1初参戦でデカい会場、相手も小澤海斗だから早くやりたいです」

――記者会見で小澤選手と実際に顔を合わせてみていかがでしたか?

「もっと言ってくるかなと思ったんですけど、連敗してるからですかね? あんな感じだったし、全く怖くはなかったので、特に何も思わなかったです」

――対戦相手を目の前にすると相手の強さが分かるという選手もいますが、篠塚選手は感じるものがなかった、と。

「自分は結構それがあるんですけど、小澤からはオーラも感じなかったし、ファイターの感じもしなかった。もう終わったんですかね。まあ何とも思わないです」

――今回篠塚選手がK-1初参戦ということで、これまでの格闘技歴を教えてください。

「もともとアマチュアボクシングをやって、そこからプロボクサーになってA級まで行ったんですけど、いろいろあってキックに転向して…って感じです。あと、格闘技も見てほしいんですけど、自分レゲエのサウンドでDJもやっているので、そっちの方のライフスタイルを見てほしいです。毎週渋谷とかで回したりしてるし、遊びも本気でやってる感じです」

――DJはいつからやっているんですか?

「サウンドは2年前からやっていて、今はクルーが5人いて、そこらじゅうでやってます。だから格闘技ファンをレゲエの方に連れてきて、レゲエの人に格闘技の試合を見てもらいたいですね。自分の人生において格闘技とレゲエは外せないものだから、どっちの自分も見に来て欲しいです」

――先ほどは何も感じなかったということですが、対戦相手として小澤選手にはどんな印象を持っていますか?

「昔は強かったっぽいですけど、最近(実力が)落ちてるっぽいし、やる気がない疑惑も聞くから、最後俺に負けて引退してもらってもいいのかなって思います。なんかもう辞めそうじゃないですか? ここで綺麗に終わりにできたらいいんじゃないかって」

――今回がK-1初参戦ですが、 今後K-1ではどんな試合をしていきたいですか?

「キックに来てからとりあえずベルトを獲りたいって思っているので、K-1でベルトを獲れたらいいなって感じです。あと、音楽も格闘技も上げていきたいですね。人生楽しまないとしょうがないし、自分は働くために生きてる訳じゃなくて遊ぶために生きているので。自分は何でも楽しみます」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージを願いします。

「K-1初参戦で衝撃的っていうか、印象に残るKOをしたいと思っているので見に来てください。見に来てくれたら、入場から全部楽しませる自信があるんで。自分は格闘技でも音楽でもなんでもエンターテインメントだと思うので、全部楽しんでもらいたいです」

 

選手登録