2021.02.17

 3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で東本央貴と対戦する瓦田脩二のインタビューを公開!

――瓦田選手にとってリベンジマッチが決まりました。試合が決まった時の心境を教えてください。

「ずっとずっと(東本と)やりたかったので、このチャンスを待ってました。相手が引退する前に再戦して、自分が勝っておきたかったので本当によかったです。例えば相手が会場で自分の目の前を通り過ぎするだけでもイライラするんですよ。よく試合が終わった後に仲良く会話したりする選手がいますけど、そんなの絶対にイヤです。自分が勝ってたらいいですけど、ああいう感覚は全然分からないです」

――負けた悔しさが消えないわけですね。

「ポスターで顔を見るだけでもイラつきますからね(苦笑)。向こうからしたら『何のこと?』と思うかもしれないですけど、こっちとしてはずっと根に持っています」

――前回の対戦は2年半前でしたが、当時の瓦田選手と現在を比べるといかがでしょうか?

「全く別人だと思います。去年1年間だけでも、成長の度合いで言ったら、自分がK-1で一番だという自信もあります。スパーリングで結構やられていた選手に触らせないぐらいになれたし、次の試合は自分の成長を証明できる相手だと思ってます」

――そこまで成長できた要因はなんでしょう?

「自分に足りないものが分かるようになって、それに対して自分が色んな練習をしたり、いろんな工夫をしたり、それが上手くハマってきたのかなと思います。まだまだ完成はしてないんですけど、確実に足りないところは減ってきてるし、1年前の自分の動画を見ると笑えるぐらい下手だなと思うので。きっと東本選手も自分と立ち会った時に、そのぐらい違いを感じるんじゃないかなって思います」

――現在ライト級ではゴンナパー・ウィラサクレック選手がK-1とKrush、両方の王者に君臨しています。今後はどこを目指して戦っていこうと思っていますか?

「もしゴンナパー選手がKrushのベルトも防衛してくれるなら、それに挑戦したい気持ちがあるので、今回も試合が終わったらKrushのタイトルマッチへ向けてアピールしていきたいです。自分は昔からKrushのベルトを獲って、Krushの代表としてK-1のベルトを獲りたいと思っているので。次勝てば、Krushのベルトを狙っていけるところには来るかなと思ってます」

――それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「自分が成長したところを見せられると思うので、ぜひ応援よろしくお願いします。今回は自信しかないし、フルボッコ祭りにしてやります」

 

選手登録