2021.02.05

 2月5日(金)都内にて記者会見が行われ、3月28日(日)日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の追加対戦カードが発表された。

 今大会で武尊vsレオナ・ペタスのタイトルが行なわれるK-1スーパー・フェザー級だが、その階級でタイトル戦線進出を狙う島野浩太朗と三輪裕樹がスーパーファイトで激突することになった。

 島野はK-1やKrushのスーパー・フェザー級戦線で長く活躍するファイターで、誰が相手でも真っ向勝負を挑む激闘派として知られる。昨年の12.13K-1両国国技館大会では芦澤竜誠にKO負けを喫してしまったが、壮絶な打ち合いで会場を大いに沸かせた。

 対する三輪は、所属先のK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTの近所にあるラーメン二郎相模大野店に勤務しながら練習を積んでいる二郎系ファイター”。昨年の12.19「Krush.120」で伊藤健人に勝利して波に乗っており、島野と同じく「K'FESTA」初出場となった。お互いに真っ向勝負が信条で、壮絶な打ち合いが予想される一戦だ。

「島野選手とやるとなって2日ぐらい寝られなくて、それぐらい興奮しています。ラーメンも喉が通らないぐらいです」と、ラーメン屋勤務らしい例えで今回の一戦を表現した三輪。

 しかし、そんな島野が相手であろうとも一歩も引くつもりはない。「この試合が終わるパターンは2つあると思うんですけど、僕が一発でぶっ倒されるか、僕が粘って粘って最後にぶっ倒すかのどっちか。もちろん僕は粘って粘ってぶっ倒すつもり」と、鼻息荒く勝利宣言を放った。

 一方の島野は「100%の自分をもって、全身全霊当日リングに臨みたいと思います」と、侍のような佇まいと静かな口調で気合いの入ったコメント。「三輪選手はローキックという必殺技を確立していて、ハートが本当に強くて、力尽きるまで絶対に倒しにくる選手だと思う」と三輪の印象を語りながら、「僕も真っ向から叩き壊して、力尽きてもらおうと思っています。武道館のリングに魂を全てぶつけたいと思います」と、容赦なく粉砕を予告した。

三輪裕樹
「ラーメン二郎相模大野店から来ました三輪です。意気込みは島野選手とやるってなって2日ぐらい寝られなくて、それぐらい興奮しています。意気込みはもちろんどんな試合になっても俺は勝ちます。それだけです。(K’FESTAには初参戦になるが、試合が決まった時の心境は?)K'FESTAということは関係なく、僕は島野選手と戦えることに凄く興奮して、ラーメンも喉が通らないぐらいです。

(お互いに真っ向勝負するスタイルだと思うが、どんな試合・決着を考えている?)この試合が終わるパターンは2つあると思うんですけど、島野選手は凄いパンチを持っているんで、僕が一発でぶっ倒されるか、僕が粘って粘って最後にぶっ倒すかのどっちかだと思っているんで。もちろん僕は粘って粘ってぶっ倒すつもりなんで、それでいきます。もう覚悟は決まってるんで。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)3月28日、めちゃめちゃ気合い入れるために来週でラーメンは終わりにします。来週まで美味しいのは食べられるんで、島野選手に勝って、ニンニクヤサイアブラカラメ、もう頭の中で全部コールは決まっています。勝った後に何食うか、もうそこまで想像できます。ということでよろしくお願いします」

島野浩太朗
「菅野道場、島野浩太朗です。前回の国技館大会に続き、武道館大会への出場が決まり、大変うれしく思います。100%の自分をもって、全身全霊、当日リングに臨みたいと思います。よろしくお願いします。(K’FESTAには初参戦になるが、試合が決まった時の心境は?)まず(三輪に)そう言ってもらえるのはうれしいですね。ただK-1という名前のある舞台、そしてK’FESTAというK-1年間最大のビッグイベントということで、それ相応の覚悟を持って戦うことになるなっていうのはまず初めに思いました。

(お互いに真っ向勝負するスタイルだと思うが、どんな試合・決着を考えている?)三輪選手はローキックという自分の必殺技を確立していて、ハートが本当に強くて、力尽きるまで絶対に倒しにくる選手だと思うので、僕も真っ向から叩き壊して、力尽きてもらおうと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)当日、武道館のリングに魂を全てぶつけたいと思います。ご注目のほど、よろしくお願いします」

 

選手登録