2021.02.05

 2月5日(金)都内にて記者会見が行われ、3月28日(日)日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の追加対戦カードが発表された。

 ウェルター級スーパーファイトとして海斗vs寧仁太(アニンタ)・アリの一戦が決定した。“不の祭典”である「THE OUTSIDER」出場という異色の経歴を持つ海斗は、昨年3月「K'FESTA.3」で第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントに出場。8月にはKrushウェルター級王座決定トーナメントにも名を連ねた。

 今年1月のK-1代々木大会ではウェルター級で安保瑠輝也との対戦が予定されていたが、大会そのものが延期となり、安保も拳の怪我で欠場。海斗は今大会にスライド参戦し、寧仁太と対戦することとなった。

 今回がK-1初参戦の寧仁太はガーナ人の父と日本人の母を持ち、2019年8月のKrushでプロデビュー。過去にプロサッカー選手を目指していたほど高い身体能力の持ち主で、ここまでプロでは3戦3勝(3KO)のパーフェクトレコードを引っさげて、K-1初登場を果たす。

 中村拓己K-1プロデューサーも「今ウェルターもすごく選手が集まってきている階級で、注目の新鋭として寧仁太選手がK-1初参戦となった。お互い試合ぶりも思い切りがいいのでKO決着が期待できる。どちらがインパクトを残し、上がっていくのか、注目の対戦カード」と両者の対戦に期待を寄せた。

 大舞台出場のチャンスをつかんだ寧仁太は、「なんで僕が選ばれたかをリングの上で見せたい。このチャンスをものにして人生変えたいなって思ってる」と気合い充分。迎え撃つ海斗は「みんな自粛してると思うけど、そのストレスをおもいっきり溜めてきてもらって、僕がKOでスッキリさせる」と必勝を誓った。

寧仁太・アリ
「最初は2月のKrushの後楽園大会に出る予定で、それが中止になってしまって、最初はちょっと落ち込んでたんですけど、すぐにK-1最大年間のビッグマッチの『K'FESTA』のお話が来て。ちょっとビックリしたんですけど、なんで僕が選ばれたかっていうのをリングの上で見せたいと思ってるので、ご期待のほどお願いします。

(K-1初参戦の心境は?)ビックリしたっていうのが素直な感想ですけど、別にやることは変わらないので。リングの上で自分の身体能力とか、持ち味を出せるようにがんばっていきたいなと思ってます。(初めてのK'FESTAでどんな試合を見せたい?)Krushで二戦と、ほかの団体でも一戦やってきて、全部KOで勝ってるので、今回もKOできるところを見せたいと思ってます。

(今回の試合がチャンスという思いは?)海斗選手が試合経験が多くない自分と対戦してくださるというのはありがたいことだし、このチャンスをものにして人生変えたいと思ってます。一気に名前売って、どんどん強い選手と戦えるように、ここで自分の強さを見せたいと思ってます。

(ファンにメッセージを)ファンのみなさま、いつも応援ありがとうございます。みなさんのおかげでこういう大きい舞台に立てると思うので、ここで勝って恩返しできるようにがんばっていきたいと思います。応援お願いします」

海斗
「1月に相手も相手でデカい試合やったんですけど、それが流れたんは悲しいです。(寧仁太は)2月のKrushでウチのFUMIYAとやる予定やった選手なんで、代わりにシバき回したろかなという感じですね。まあ、いいKO見せます。(1月の試合は流れたが、仕上がり具合は?)大晦日も正月も練習してたんですけど、延びたんは全然。一旦、メシも食って、リセットして。練習も落とさずやってるんで、調子的にはバッチリですね。

(安保選手との試合が流れたことについては?)僕もけっこう気合入ってたんで、悲しかったし、周りの応援してくれる人も『マジか!』って感じでした。ここから一戦一戦倒していってまた当たれるように、とりあえずこの試合に集中してって感じですね。

(ファンにメッセージを)ずっと1月の試合も楽しみにしてくれてはって。みんな、自粛してると思うんですけど、そのストレスをおもいっきり溜めてきてもらって、僕がKOでスッキリさせるんで。楽しみにしといてください」

 

選手登録