2021.02.03

 2月3日(水)都内にて記者会見が行われ、3月21日(日)東京ガーデンシアター「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の対戦カードが発表された。

 フェザー級タイトルマッチとして王者・江川優生と挑戦者・椿原龍矢が決定した。両者は昨年9月K-1大阪大会のスーパーファイトで対戦。江川にとってはK-1王者になって初の試合だったが、椿原が得意のステップを駆使した試合運びで江川に勝利する番狂わせを起こした。

 試合後に江川が左足を骨折した状態でリングに上がって戦っていたことが判明。中村拓己K-1プロデューサーは「大阪大会のスーパーファイトの結果を受けて、ベルトをかけての再戦を考えていた。江川選手の怪我が治ってコンディションが整う、このタイミングでの再戦・タイトルマッチが決まった」と今大会でのタイトルマッチ実施について説明した。

 会見では王者・江川が「一度負けている時点でチャンピオンじゃないんで、ベルトを肩にかけるのも、こうやってベルトを目の前に置くのもイライラする」と感情を露わにし「チャレンジャーとしてベルトを獲りに行くつもり。試合ではとっつかまえて、ぶっ倒します」とKOでのリベンジを予告。

「K'FESTA.4 Day.2」3.28(日)日本武道館大会では武尊vsレオナ・ペタスのスーパー・フェザー級タイトルマッチが発表されており『K'FESTA.4 Day.2』は武尊選手がタイトルマッチしっかりKOを見せてくれると思うので、『K'FESTA.4 Day.1』は自分に任されたつもりで全力で頑張る」と王者としての想いも語った。

 対する椿原は「前回の試合は過去の話で、過去のことは全部とっぱらって最強の江川選手に挑ませてもらう。タイトルマッチに相応しい試合をして、自分を出しながら勝つ」とリマッチに闘志を燃やす。最後にベルトを巻いているのは江川か? それとも椿原か?

椿原龍矢
「9月23日からこの日のために必死こいて練習してきました。『K'FESTA』に出られることがめちゃくちゃうれしくて、めちゃくちゃテンション上がっています。(江川と戦った印象は?)前回戦わせてもらってめちゃくちゃ強くて圧力が強かったことは分かっています。でも前回の試合は過去の話で、過去のことは全部とっぱらって最強の江川選手に挑ませてもらいます。(リマッチで勝つこと、ベルトを巻くこと、どちらに比重を置いている?)勝ってもないのにンベルトのことを言うのもあれなんで、勝ってベルトのことは考えたい。

(『K'FESTA.4』のタイトルマッチとして、どんな試合をしたい?)『K'FESTA』は第1回大会から見ていて4回目で出ることができて、タイトルマッチができることが光栄です。タイトルマッチに相応しい試合をして、自分を出しながら勝ちます」

江川優生
「一度負けている時点でチャンピオンじゃないんで、ベルトを肩にかけるのも、こうやってベルトを目の前に置くのもイライラするんですけど、試合ではとっつかまえて、ぶっ倒します。(前回は左足の怪我があったなかでの試合だったが?)怪我については触れたくないんですけど、今はばっちり練習できているので、試合までにばっちりの状態に整えたいです。(前回の自分は何%くらいの出来だった?)あれが自分の全力です。ただ単に自分の実力不足だっただけなんで、スキルアップして新しい江川を見せられるように頑張ります。

(椿原と戦った印象は?)上手い選手だと思っているんですけど、その上手さをかき消して江川優生の強みをぶつけます。(武居がボクシングに転向してジムの看板選手になったが)POWER OF DREAM(POD)を託されたんで、ジムの名を汚さないように、ジムの看板選手としてこれがPODだという試合を見せたいと思います。由樹くんも自分の試合の10日前くらいにボクシングのデビュー戦が決まっていて、すごい試合を見せてくれると思うので、由樹くんに続いてしっかりすごい試合を見せたいと思います。

(リマッチで勝つこと、ベルトを巻くこと、どちらに比重を置いている?)チャレンジャーとしてベルトを獲りに行くつもりで頑張ります。(『K'FESTA.4』のタイトルマッチとして、どんな試合をしたい?)自分も『K'FESTA』は初出場ですが、これがK-1だ!という素晴らしいKOを見せようと思います。

(『K'FESTA Day.2』では武尊vsレオナ・ペタスのタイトルマッチがあるが王者として意識はしている?)『K'FESTA.4 Day.2』は武尊選手がタイトルマッチしっかりKOを見せてくれると思うので、『K'FESTA.4 Day.1』は自分に任されたつもりで全力で頑張ります」

 

選手登録