2021.01.22

 1月22日(金)、都内にて、開催を明日に控える「Krush.121」後楽園ホール大会の前日記者会見が行なわれた。

 今大会の目玉の一つが、女子4選手による第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメントの準決勝2試合だ。初代K-1女子フライ級王者となったKANAが返上した王座を、壽美、芳美、真優、NA☆NAの4選手が争う。

 優勝候補に挙げられるのは、昨年の11.3K-1福岡大会で前王者のKANAに勝利した壽美。会見に同席したKrush EVANGELISTの石川直生さんも、「KANA選手同様、今度は壽美選手が狙われる」と言ったように、このトーナメントに参戦する真優もNA☆NAも、共に壽美に敗れており、リベンジを狙っているのも注目点の一つだ。

 その標的となる壽美は、「『明日は絶対勝ちます』って、胸を張って自信を持って言える自分を作り上げてきました」と、KANAに勝利した後もそこで満足せず、さらなる成長を求めて練習に励んできた。「勝ったからこそもっと強くなりたいという欲が出たので、練習もすぐに再開しました。11月から今日までの間、とにかく集中して練習を100%やってきました」と、強さへの追求に集中しており、「明日は新しい自分でリングに上がって必ず勝ちます」と勝利を誓った。

 この壽美と準決勝で対戦する芳美は今回がK-1 JAPAN GROUP初参戦。しかしNJKFを中心に30戦の実績を積んできた実力者で、「明日は新生・芳美を見せたいと思います」と心機一転、Krushのリングに上がる。「壽美選手は凄く強い選手なんで、今は緊張や怖さもある」と語っていたものの、「明日は皆さんが想像できないようなおもしろいことが起こると思います」と、不敵に言い放っていた。

 もう一方のブロックで、今回のトーナメント参戦選手中最年少の真優は「ベルトは強さだけじゃ輝かへんっていうのをずっと思っとって、華があって、強さもあって、ベルトが似合う選手がチャンピオンになる」という自論の持ち主。「この4選手の誰よりも華は一番あるっていう自信があるんで、その自信をしっかり結果につなげていきたい」と、ベルト獲りに意欲を見せていた。

 対するNA☆NAは「真優選手の前の宣材写真を待受画面にして日々を過ごしてきたんですけど、その待受画面は髪の毛が青色だったのが、今日は違う色に変わってて、パンツもクレヨンしんちゃんの可愛いパンツを穿いてるなと思って、可愛い女の子だなと思って見てました」と、計量時の感想を述べた。そんなコメントを残しつつも「この試合のためにパワーをつけてきました。パワーでは私は負けません」と、パワーには自信あり。「私しか見せられないような試合をしたいと思います」と、落ち着いた表情で静かに闘志を燃やしていた。

NA☆NA
「明日のためにしっかり準備をしてきました。楽しんでいただけるような試合をします。皆さん、ご視聴、ご観戦よろしくお願いします。(トーナメントへ向けて、どんなことを意識して練習してきた?)パワーをつけてきました。パワーでは私は負けません。(実際に対戦相手を目の前にしてどういったものを感じた?)私は真優選手の前の宣材写真を待受画面にして日々を過ごしてきたんですけど、その待受画面は髪の毛が青色だったのが、今日は違う色に変わってて、パンツもクレヨンしんちゃんの可愛いパンツを穿いてるなと思って、可愛い女の子だなと思って見てました。選手としての印象は、そっちの可愛いほうが先に来ちゃって、頭の中に入ってきてません。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は皆さんがワクワクするような試合を、私しか見せられないような試合をしたいと思います。応援よろしくお願いします」

真優
「押忍! 月心会チーム侍の真優です。とりあえず計量が終わってホッとしています。明日は自分の試合をたくさんの人に見てもらえるように、注目してもらえるようにとりあえずがんばります。押忍!(トーナメントへ向けて、どんなことを意識して練習してきた?)自分は自分の動きを一個一個成長できるようにとりあえず一から戦い方も変えて、まあ自分もパワーは負けへんと思っとるんで、凄い注目しとってください。(実際に対戦相手を目の前にしてどういったものを感じた?)『やったんぞ』という目をされてるなって。あとNA☆NA選手のことを20代と思っとったんで、『30歳こわぁ』って思ったんですけど、まあ若さとそのなりと勢いで自分も倒して怖くなるぞという印象です(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分はベルトは強さだけじゃ輝かへんっていうのをずっと思っとって、華があって、強さもあって、ベルトが似合う選手がチャンピオンになるんじゃないかと思ってるんで、自分はこの4選手の誰よりも華は一番あるっていう自信があるんで、その自信をしっかり結果につなげていきたいんで、明日は応援よろしくお願いします」

芳美
「壽美選手は凄く強い選手なんで、今は緊張や怖さもあるんですけど、それは大きなワクワクの隣りにあるから、怖さを凄く感じてるんだと思って、それを噛み締めて今日は過ごしたいと思います。明日は新生・芳美を見せたいと思います。よろしくお願いします。(トーナメントへ向けて、どんなことを意識して練習してきた?)自分は一から基礎をやり直してきました。(実際に対戦相手を目の前にしてどういったものを感じた?)やっぱり壽美選手は骨格も大きいし、ガッチリしてるなと近くで見て思いました。(形的には外敵になるが?)Krushファンだったんであまり外敵感はないんですけど(笑)。勝手にファミリーというかやっと出られたという感じです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は皆さんが想像できないようなおもしろいことが起こると思います。楽しみにしててください」

壽美
「『明日は絶対勝ちます』って、胸を張って自信を持って言える自分を作り上げてきました。明日は絶対勝って、笑顔でリングを下りたいと思います。いや、下ります。(トーナメントへ向けて、どんなことを意識して練習してきた?)今回は準決勝と決勝がそれぞれ別の大会であるんですけど、今回は準決勝の一戦だけなんで、芳美選手との試合、とにかく芳美選手を意識して、シャドーからミットもサンドバッグも全部意識してやって、とにかく集中して毎日過ごしました。(実際に対戦相手を目の前にしてどういったものを感じた?)足が凄いしっかりしてるなと思ったので、しっかり明日は全集中して試合に挑みます。

(KANA選手に勝ったことである程度の満足感を得たと思うが、それは練習に影響した?)正直、満足感はなくて、勝ったからこそもっと強くなりたいという欲が出たので、練習もすぐに再開しました。あと練習でやってきたことが試合で出るといわれていて、私は試合のことはあまり覚えてないのですが、動画で見たら練習でやってきたことはできてたので、とにかく練習でどれだけ自分を追い込めるか、どれだけ集中できるかっていうところが試合に出ると実感しました。だから、11月から今日までの間、とにかく集中して練習を100%やってきました。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は新しい自分でリングに上がって必ず勝ちます。応援よろしくお願いします」

 

選手登録