2021.01.03

 1月24日(日)国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]で松下大紀と対戦する城戸康裕のインタビューを公開!

――まずはじめに2020年を振り返って、どんな1年でしたか?

「去年は(スーパー・ウェルター級王座決定)トーナメントを入れると3試合したんですよね。試合数としては普通じゃないですか。このコロナ禍の中で多くできた方だと思うし、内容は全然よかったと思います。トーナメントの時は一回戦の相手(ミラン・ペイルス)が普通に強かったので、あの選手をKOできたら満足かなと思っていて。実際にKOで勝ててよかったです。11月のBigbangでもダウンこそ取れなかったですけど、ちゃんと藤村(大輔)くんに勝てたんで」

――そういった1年を終えて、2021年の初戦が「K'FESTA.4」で決まりました。試合が決まったときはどんな心境でしたか?

「結婚してパパになっての第1戦。ちょっと頑張ろうかなと思って、会見もビシっと決めて(赤ちゃんの扮装で)来たんですけど……。“こいつバカだなぁ”と思ってもらっていいです(笑)」

――父親になって心境の変化はどありますか?

「特には変わらないですね。“家族が1人増えた”みたいな感じで。試合する心境はいつもと同じですね」

――対戦相手の松下選手の印象をお願いします。

「すごく気合いが入ってるけど、メチャクチャ礼儀正しいところも見てるんですよ。オラついてるだけの選手って結構いると思うんですけど、松下くんはそうじゃない。Krushで左右田(泰臣)くんと試合をした時、試合前はめっちゃメンチを切ってて、でも試合が終わった後はちゃんと『ありがとうございました』と挨拶していて。僕はそういう選手は大好きですね」

――松下選手との試合ではどんなものを見せたいですか?

「新技を3つぐらい考えたんです。夏ぐらいから考えていた技で、ジムでちょいちょいやったら、みんなその技をくらっちゃうんですよ。見てる人から笑いも起きるんじゃないかっていうぐらいの新技です。おそらく“これアリなの?”みたいな感じにはなると思うんですけど、ちゃんとルールブックを確認して、ルールに則っている技なので大丈夫です。ちなみに新技はK-1で披露したいと思っていたので、藤村戦では披露していません」

――それは楽しみですね。少しヒントをいただけますか?

「1つは超強力で半端ない威力の技で、もう1つも当たったら倒れると思います。で、もう1つは倒れるとかそういうのじゃない、謎な技ですね。ただ、もらったらイラっと来ると思います(笑)。そんな“なんだこれ!?”という技を3つ考えてきたので、そのどれかで倒して、会場で笑いが起きてほしいです」

――城戸選手の新技も見どころの1つですね。

「和島(大海)くんにやったローパンチも会場では笑いが起きてましたけど、あれ実はめちゃくちゃ効きますからね」

――それでは最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

「2022年で40歳になるんですけど、僕は“このオヤジよく動くなぁ”みたいなポジションでいたいし、アラフォーに勇気を与えるおじさんでいたいです。“お前が40歳なんてそんな訳ねぇだろ”みたいな試合をして、同世代に勇気を与えたい。それと、これから格闘技を始める人や10代後半から20歳くらいの子が“40歳までできるんだ”と思ってもらえたらなって。そうやって僕なりに夢や勇気を与えたいです、“K-1選手は稼げていいぜ”って(笑)」

 

選手登録