2020.12.28

 福岡・キックボクシングジムKINGSにて、1月24日(日)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/女子-46kg契約/3分3R・延長1R]でMIOと対戦する山田真子が公開練習を行なった。

 元ボクシング&キックボクシング王者にしてプロ無敗の山田は昨年11月からK-1 JAPAN GROUPに参戦。その初戦となったKrush後楽園ではMOEを下し、11月のK-1福岡大会では優に勝利して、プロ無敗街道を突き進んでいる。

 優との一戦を「優選手とは一緒に練習したこともあって。、計量でもお互い笑ったり、リングの上でもリラックスして試合ができました。自分自身、最初は少し動きが固かったんですけど、見せ場を作ることができたし、反省点も見つかって、プラスもあり、マイナスもありという試合でした」と振り返った山田。「一戦目より二戦目の方が動けていたと思います。でもまだ完ぺきではないので、これからしっかり仕上げていきます」と試合を重ねるごとに手ごたえを感じている。

 山田は福岡県糸島市のジムに所属して活動を続けている。前回の福岡大会に出場したことで「地元のテレビや新聞にも取り上げてもらって、K-1に出たことで知名度が上がっていると思いました」という。首都圏のジムに比べてスパーリングパートナーなどの面で恵まれてない部分もあるが、山田は「強くなるために必要なものは環境じゃなくて自分自身だと思います」と断言する。

「確かに東京と福岡では周りにいるプロ選手の数は違うかもしれませんが、練習内容はそれほど変わらないと思います。私はトレーナーさんや出稽古先で教わったことをノートに書いて、いつでも見返せるようにして練習しています。そうやって一人で練習するときも反復練習を続けて、一回一回の練習を意識を高く持ってやっています。強くなるために必要なものは環境じゃなくて自分自身。そうやって自分の意識を高めながらできることを全力でやれば強くなれると思います」

 対戦相手のMIOと山田は同世代(山田=1994年生まれ、MIO=1995年生まれ)。お互い長く格闘技界で活躍し「MIO選手が色々とメディアに取り上げられているのを見て、活躍している女子格闘家の一人という感じで認識していました」という一方「お互いやっている競技が違っていたので意識することはなかったし、交わることはないと思っていました」と戦う相手として見たことはなかったという。

 そのMIOとK-1のリングで拳を交えることになった山田だが「とにかく私は決まっている試合をしっかり勝つだけ。そうすればもっと上の選手とマッチメイクしてもらえると思うので、MIO選手に勝つことが今の目標です」と目の前の試合に勝つことに集中している。

 今後の目標については「K-1の女子選手としてK-1を盛り上げたい」と語り「またK-1福岡大会を実現させて『山田真子が出るんだったら見に行こう!』と思ってもらえるよう、一戦一戦自分を出して勝っていきたい」と2年連続となるK-1福岡大会の野望を口にした。

 K-1女子注目の一戦に向けて「MIO選手は可愛いと言われていて、実際に可愛くてファンも多いと思います。MIO選手にはビジュアル的な部分で盛り上げてもらって、私は実力で成り上がっていきます。今回も絶対に負けません」と語った山田。その言葉通り、自らの拳で勝利と夢を掴むことができるか?

 

選手登録