2020.12.24

 1月24日(日)国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]で谷川聖哉と対戦するシナ・カリミアンのインタビューを公開!

――「K'FESTA.4」で2021年最初の試合が決まりました。試合が決まった時はどんな心境でしたか?

「11月のK-1福岡大会でK-Jeeに敗れて、すぐにでもK-Jeeと再戦したいと思っていた。谷川と戦うことについて、特にこれといった感情はない。早く試合をしたいという気持ちだけだ」

――前回のK-Jee戦はどのように捉えていますか?

「言い訳に聞こえるようなことは言いたくない。ノーコメントにさせてもらいたい」

――分かりました。カード発表記者会見には頭を丸めて出席しましたが、それはカリミアン選手の気持ちを表しているのでしょうか?

「もちろんだよ。一番は前回の結果に対して自分自身を許すことができなかったんだ。私はこういったことが起きた時に周りのせいにするタイプの人間ではない。今回は自分自身と向き合い、必ずベルトを獲り返すという気持ちを表すために頭を丸めたんだ」

――対戦相手の谷川選手にはどんな印象を持っていますか?

「特に何もない」

――谷川選手は記者会見で「KOで勝つ」と言っていましたが、それについてはどう思いますか?

「それは彼の夢の中だけで、実際に起きることはない」

――今回はカリミアン選手にとって再スタートの一戦になります。どんな試合を見せたいですか?

「初めて自分が来日してトーナメントに参戦した時『優勝してK-1のベルトを獲る』と話したら、みんなは冗談だと思って笑っていた。でも自分の中では絶対にベルトを獲るんだというハングリーな気持ちがあり、実際にベルトを巻くことが出来た。今の自分はあの時以上に勝つことに対してハングリーな気持ちがある。あとはそれを試合で見せるだけだ」

――それでは復活を懸ける谷川戦へ向け、ファンの方たちへのメッセージをお願いします。

「日本のファンのみなさんは自分が勝っている時も負けている時もいつも応援してくれる。本当に素晴らしい存在だと思っている。チームのみんな、マネージャー、全ての人たちが自分のことをサポートしてくれているし、その中で自分は次の試合へ向けて厳しいトレーニングを積んでいる。ベストのパフォーマンスを試合で見せて、みなさんと共に2021年の素晴らしいスタートを切りたい。これからクルーザー級のファイターは今まで見たことのないシナ・カリミアンと戦うことになるだろう」

 

選手登録