2020.12.23

 1月24日(日)国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で横山朋哉と対戦するTETSUのインタビューを公開!

――2020年はスーパー・フェザー級に階級を上げて2戦2勝という結果を残し、「K'FESTA.4」への参戦が決まりました。今の心境を聞かせてください。

「ずっと夢に見ていた『K'FESTA』なので、その舞台に出られるということは自分の価値も上がってきたのかなと思って、メチャメチャ楽しみです。『K'FESTA』はK-1で一番大きなイベントなので、本当に嬉しいです。でもやっぱり呼ばれるだけじゃ意味がないと思うので、しっかりいいところを見せて勝ちたいです」

――試合内容や自分の動きを振り返っていかがですか?

「一応2戦2勝できたんですけど、正直まだ全然納得いってなくて。アカンところばっかりなので、それを直して次戦に挑むっていう感じです」

――スーパー・フェザー級に階級を上げて、どんな変化がありましたか?

「やっぱり戦う体としてはスーパー・フェザー級の方が自分には合ってるかなと思います。階級を上げて、2.5kg分筋肉を増やせるし、食事も摂れるので、フェザー級の時とは全然違う気がしました。フェザー級時代の試合前は“減量のための練習”になってしまっていたところがあったんですけど、今はしっかり“試合に勝つための練習”ができています。一戦一戦見直してもらえば分かると思うんですけど、ちょっとずつ成長できていると思うし、そういう“成長力”は誰にも負けてないかなと思います」

――今大会で対戦する横山選手にはどんな印象を持っていますか?

「メチャクチャ強いと思います。スーパー・フェザー級で言ったらK-1チャンピオンとKrushチャンピオンの次ぐらいに強いんじゃないかなって。まだ荒いところもあると思うんですけど、その荒さも強さだと思うし、僕にとってはすごく上の選手だと思って見ています。この試合は“挑む”試合で、ここで横山選手に勝てばオイシイと思います」

――厳しい試合になることは覚悟していますか?

「そうですね。横山選手はハンドスピードも、パンチから蹴りのコンビネーションもメチャクチャ速い。自分と試合が決まるまでは、次はKrushでタイトルマッチをするんだろうなと思ってた選手なので、ここで試合が組まれてメチャクチャ嬉しいし、ほんまに楽しみです。“この相手にどれぐらい通用するんやろう?”って思いつつ、格闘技をやってたら上を見ないとダメなので、しっかりこの相手に勝ってベルトに絡んでいこうと思ってます。チャンピオンベルトは絶対に欲しいので、2021年にベルトを獲るために横山選手にしっかり勝ちます」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「練習量も練習のやり方も、自分の動きも全てちょっとずつ成長していると思うので、これからのTETSUに期待していてください!」

 

選手登録