2020.12.22

 12月22日(火)都内にて、2月27日(土)に後楽園ホールで開催される「Krush.122」の第一弾対戦カード発表会見が行われた。

 Krushフェザー級タイトルマッチとして王者・新美貴士vs斗麗の一戦が決定した。新美は11月のKrush後楽園大会で行われた第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントの準決勝・決勝戦の2試合を勝ち抜き優勝しタイトルを獲得し、今回初防衛戦を迎える。

 新美は斗麗と昨年8月のK-1大阪大会で対戦しており、この時は新美が判定負け。斗麗にリベンジするチャンスをうかがっていたという新美は「防衛戦というよりもやっとリベンジできるチャンスが来たという想いなので必ず勝ちます」と斗麗へのリベンジに闘志を燃やした。

 対する斗麗は第5代フェザー級王座決定トーナメントに出場が決まっていたものの、右手首の病気を発症して欠場。再起戦となった12月のKrush後楽園大会では稲津航大を1RKOで下し6戦6勝(3KO)と無敗街道を更新し、タイトル挑戦のチャンスを掴んだ。

 タイトル初挑戦に向けて斗麗は「新美選手は打たれ強くてスタミナがあって心が強くて凄くいいチャンピオン。だからこそ潰しがいがある」とニヤリ。「感謝と尊敬の気持ちを持ってぶっ潰しにいきます」と意気込みを語った。

新美貴士
「今回が初防衛戦になりますが、僕は過去に(斗麗に)負けているので、防衛戦という気持ちよりもやっとリベンジできるチャンスが来たという想いなので必ず勝ちます。(対戦相手の印象は)何でもできて強い選手だなと思います。(初防衛戦の相手に斗麗選手が来るのは予想していた?)誰が来るかは分からなかったのですが、一番やる可能性が高いとは思っていました。(リベンジはずっと狙っていた?)そうですね。一度負けた相手ともう一回試合を組んでもらえる機会はあまりないので、こうやってチャンピオンになってやっと戦える機会が与えられたので楽しみにしてます。(先日の斗麗の試合を見ての感想を)普通に凄くてめちゃ強くなっているなと。でも僕も強くなっていると思うので、凄く試合が楽しみです。(ファンの皆さんへのメッセージ)誰が相手でもボコボコにして勝つだけなので絶対に勝ちます」

斗麗
「僕が新美選手に勝ったのは過去の話ですし、過酷なトーナメントを勝ち抜いてチャンピオンになった新美選手は以前よりも強くなっていると思います。でも僕も負けへんぐらい強くなっているので、感謝と尊敬の気持ちを持ってぶっ潰しにいきます。(対戦相手の印象は)打たれ強くてスタミナがあって心が強く凄くいいチャンピオンだと思います。だからこそ潰し甲斐があるなと思うのでぶっ壊します。(新美のトーナメントでのスタイルをどう思う?)あれが新美選手のスタイルなので、あれが強いんやろなと。(あのスタイルを攻略できる自信は?)いつも通り自信はあります。(短い試合期間ですがレベルアップしてタイトルマッチに臨める感触は?)3日前に試合をしたのですが、すぐに京都に帰って練習を再開しています。今はゆっくりできるところではなく、ここはしっかり集中してベルトが欲しいので頑張って試合までに仕上げます。(ファンの皆さんへのメッセージ)僕は世界一になることが夢なので先のことは考えずに今の僕の力を全部出してベルトを奪いにいきます」

 

選手登録