2020.12.22

 1月24日(日)国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で弘輝と対戦する龍華のインタビューを公開!

――龍華選手は今回がK-1初出場になるので、これまでの格闘技歴から教えてください。

「5歳から15歳まで極真空手をやっていて、中学を卒業するタイミングでK-1に出たいと思ってK-1に転向しました」

――空手をやりながらK-1にも出たいと思っていたのですか?

「小っちゃい時にK-1を見て、K-1をやりたいと思っていて。空手では関東大会、全国大会、世界大会と全部獲ったので、道場の先生に自分の夢=『K-1に行きたい』という話をしたら快くOKしてくれました」

――空手時代はどんな戦い方だったのですか?

「真っ向からヒザ蹴り、ローキック、パンチでひたすら打ち合う感じの戦い方でした。だから空手時代と比べると今はだいぶ戦い方が変わったと思います。もちろん空手でやっていた蹴り技、ミドルキックであったりローキックであったりは今も使えていると思います」

――デビュー戦こそ黒星でしたが、その後は6連勝と好調です。それについてはどう感じていますか?

「よくはないかもしれないですけど、デビュー戦の負けがあったからこそ今の自分があるのかなと思います。デビュー戦の負けがなかったら、もしかしたらKHAOSのトーナメントも負けていたかもしれないですし、甲子園の2連覇もなかったんじゃないかと思います。デビュー戦の負けで一気に気合いが入ったじゃないですけど、気を引き締め直しました」

――プロの洗礼を浴びたことが今の活躍につながっているわけですね。

「デビュー戦で負けたときは、このまま格闘技を辞めようかメチャクチャ迷いましたよ。選手生活でタイトルマッチは何度かできても、デビュー戦は1度しかない訳じゃないですか。だからデビュー戦は絶対勝ちたいと思っていたのに負けてしまって。自分は才能がないのかなと思ってメチャクチャ落ち込んで。それでデビュー2戦目の時に『次で負けたらもう辞めよう』『プロで2連敗したら辞めよう』と思って戦って。それからはずっと勝ち続けているので、デビュー戦の負けが今につながっていると思います」

――今大会では弘輝選手と対戦が決まりました。弘輝選手の印象をお願いします。

「アグレッシブでいい選手だと思うんですけど、なんかいつまでもヤンキーぶってて……正直イタいなと思います。もう20歳も超えていい年してるのに、そろそろ落ち着いた方がいいんじゃないかなって。『K-1 DX』の安保瑠輝也選手の企画でもオーディションに乱入してましたけど、あそこでわざわざ出ていく必要ないでしょ。落ち着いて最後まで見てなよと思ってました」

――そんな弘輝選手を相手にどんな試合を見せたいですか?

「たぶん弘輝選手は打ち合いに来ようとすると思うんですけど、自分は自分の戦い方をして、何もさせないで倒したいなと思います。完封という形で、何もさせない・触らせないでKOできたら理想だなと思います」

――それでは最後にファンの方たちへのメッセージをお願いします。

「初K-1ということで、自分のいいところを見せて勝つことができたら1番いいと思います。そのためにしっかり練習をして、応援してくださる方にもいい勝ち方を見せれるように頑張りたいと思います」

 

選手登録