2020.12.21

 1月24日(日)国立代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4~」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]で海斗と対戦する安保瑠輝也のインタビューを公開!

――「K'FESTA.4」での再起戦がウェルター級に階級を上げて最初の試合となりました。

「階級はそこまで意識しないですけど、とにかく復帰戦を勝利で飾ることをすごく意識しています。それが絶対条件というか」

――9月のK-1大阪大会、スーパー・ライト級タイトルマッチでは安保選手有利と見る向きが大半を占めました。そのなかでKO負けという結果になってしまったことをご自身ではどのように捉え、分析していますか?

「今思うのが、負けて必然だったかなっていうことです。偶然で負ける訳じゃないなっていうのをすごく思います。自分では勝つための準備をしていたつもりでしたけど、いろんな面を含めて、勝つための準備ができていたのは山崎選手の方だったんだな、と。それが結果に出たというだけで、勝負に偶然はないです。あれは僕の負けです」

――「負けに不思議の負けなし」という言葉もありますが、負けるにはそれなりの理由があると。

「ありましたね。あれからトレーニング内容もすごく変えましたし、新たな指導者もつけました。自分がやりたいことをやるだけじゃなく、ボクシング・フィジカルの両面で自分を叱ってくれる指導者がいます」

――これまでボクシングを練習することはなかったのですか?

「ボクシングジムに出稽古に行って、8回戦の選手とスパーリングをすることはありましたが、1からボクシングを学ぶというのは初めてです。和歌山のボクシングジムを紹介してもらって、合宿みたいな形で練習させてもらっているんですけど、すごくいい感じです。ただいくら『いい感じ』と言っても試合で勝たないと意味がないので、今自分が感じている手ごたえを結果で出したいです」

――対戦相手の海斗選手の印象をお願いします。

「正直あんまり試合を見ていないので何とも言えないですけど、勢いはある感じかなっていうのと、パワーはありますよね。トップ選手と戦うところまではいくけど、そこで負けているという印象です。ただ全然舐めていないです」

――転向第一戦、再起戦と様々な捉え方ができる試合ですが、ご自身ではどのように見ていますか?

「ウェルター級に上げた以上、ジョーダン・ピケオー選手や野杁正明選手と戦うことを避けて通れません。今もそういう選手たちと試合を見たいという声はあると思うんですけど、今回は『安保瑠輝也ならピケオーや野杁に勝てるんじゃないか?』と印象付ける試合をしたいです。ピケオー選手・野杁選手は強いと思いますけど、今やってることを突き詰めて自分のものにできれば僕は全然勝てると思っています。早く試合で見せたいです」

――それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「『K-1 DX』や『YouTube』で、安保瑠輝也という名前が色んなところに出てると思うんですけど、だからこそここで格闘家・安保瑠輝也を応援して頂いている方たちに勝つ姿を見せたい。僕の本職は格闘家なんだぞっていうところをみんなに見せたいし、格闘技で1番を目指すことは変わらずやっているので、そこをご期待頂ければと思います」

 

選手登録