2020.12.20

 12月20日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.120」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第6試合で鈴木孝司とKrushライト級ワンマッチで対戦した東本央貴は、三日月蹴りを繰り出し、1R2分34秒でKO勝利。パンチが印象的な東本だが、今回は珍しく三日月蹴りでのKOとなった。本人曰く、「昔から変わった攻撃が好きで練習してた」とのことだが、試合で当たったのは初めてだという。

「実際に試合で当たったら気持ちいいですけど、やっぱりパンチで倒したかったなという気持ちが強いです」と語った東本。この三日月蹴り以外にも「何個かあるんですけど、ここでは言えないですね」と、変わった攻撃方法を隠し持っているようで、「パンチを入れるための崩す技を磨いてるんで、それはこれからお見せできたらなと思っています」と、今後も機会があれば珍しい新技を披露していくという。

 今年は4試合に出場し、この勝利で3勝1敗という成績を残した。しかも、勝っても負けても全てKO決着。2020年は結果も内容もインパクトを残したことで、次なる目標も見えてきた。東本が目指すのはKrushのライト級王座だ。

 Krushライト級王座は現在、ゴンナパー・ウィラサクレックが保持しているが、先のK-1両国国技館大会でK-1ライト級王座も獲得したため、返上する可能性も出てきている。昨日の試合後には東本も、「席があったらチャンスください」と王座挑戦をアピールしていた。

 一夜明けたこの日も、自身が店長を務めるSHOGUN BURGERの宣伝を「SHOGUN BURGER、今回もちょっと宣伝させてもらいます。来てください。町田にあります」としつつ、「しっかりインパクトも残せてアピールできたと思う。昨日も全く無傷やったんで、いつでもできるんで、やる気しかないですね」と、Krush王座獲りへのアピールも忘れていなかった。

東本央貴
「今年4回試合をさせてもらって、1回KO負けしてるんですけど、あとは全部KO勝ちっていう。全部KO決着という形で今年は終わると思うんですけど、しっかりファンの方にもおもしろい試合を見せられたかなと思っています。全部インパクトは残せたかなと思っています。(昨日の試合を映像で見ての感想は?)昨日は試合した感覚があんまなかったんですけど、実際映像見てもあんまり自分も攻撃出してないし、あんま感覚ないです。(自分で思う勝因は?)試合決まった時から、もう勝って当たり前の練習してきたんで、その当然の結果が出たかなと思います。(Krushのライト級のベルトへのアピールもあったが?)しっかりインパクトも残せてアピールできたと思うんで。自分もベルトに絡めるようにいけると思うんで、そこをしっかりアピールできたから、そこはお願いして、チャンスをもらえたらうれしいですね。

(三日月蹴りはいつ頃から?)昔から変わった攻撃が好きで練習してたんですけど、試合では出せたことがなかったんですけど、初めて出ましたね。(自然に出た?)普段からやってるんで。結構変わった攻撃が好きなんで。変わったことが好きなんですよ。だから、そういうのは普段から出てます。(三日月蹴り以外にも変わった攻撃がある?)はい、何個かあるんですけど、ここでは言えないですね。(初めて使ってみた感触は?)練習では結構当たったりしてたんですけど、実際に試合で当たったら気持ちいいですけど、やっぱりパンチで倒したかったなという気持ちが強いです。(あれを効かせるとパンチが入りやすいとか、効果的?)そのパンチを入れるための崩す技を磨いてるんで、それはこれからお見せできたらなと思っています。

(タイトルへの挑戦に関して、機が熟したと思う?)すぐにでもチャンス欲しいんで、昨日も全く無傷やったんで、いつでもできるんで、やる気しかないですね。(お店のキャンペーンの内容は思いついた?)昨日もほとんど寝てないんですけど、まだひらめいてないんで、引き続き考えます(笑)。今からSHOGUN BURGERで仕事があるんですけど、ちょっと考えておきます。(ファンの皆さんへのメッセージは?)さっき裕樹が、あんだけ『二郎二郎』言うてて、なんかSHOGUNのインパクトがあんまないんですけど(笑)、SHOGUN BURGER、今回もちょっと宣伝させてもらいます。来てください。町田にあります。よろしくお願いします」

 

選手登録