2020.12.14

 12月14日(月)、「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会で約1年6ヵ月ぶりとなる復帰を果たした芦澤竜誠は島野浩太朗と対戦。乱打戦が予想された一戦は、ダウンの奪い合いの末に芦澤が2R終了間際に島野をKOする幕切れとなった。

 会場大熱狂の打ち合いを制し、以前より進化した姿を印象づけた芦澤だが「まだ完全じゃなかった」と100%満足はしていない様子で「俺はもっともっとヤバくなります」と更なる進化をファンに約束。

 試合前から“愛”という言葉を使って、意気込みを語っていた芦澤は「相手は鏡、自分がやったことは絶対自分に返ってくる。それが分かったら人生楽勝だと思いますよ」とも“問題児”らしからぬ(?)言葉を残した。

芦澤竜誠
「ほんとにみなさん応援ありがとうございました。本当にみんなのおかげで勝ったと思っているし、今までは自分1人で全部やっていたつもりだったけど、なんかみんなのおかげって、本当に心から思っているので、また頑張るのでみなさん応援よろしくお願いします。(試合後の反響は?)全部俺が言った通りですよ。運命は決まってるとか、みんな手のひら返すとか、俺の言ったようになるので、笑えるっす。もっと今から俺の言ったことが現実になっていくので楽しみにしていてください。

(試合を振り返って)自分の中ではまだ全然完全じゃなかったので、まだまだ試合前の練習で“もっとできるのにな”って頭の中で分かっています。分かっていなくてやろうとしてる奴と分かってやろうとする奴と違うじゃないですか。だからどんどんどんどん、もっと俺はレベルアップできるので。まぁ通過点でいいパフォーマンスが出せてよかったです。練習通りに出せただけです。練習通りのストレートだったし。

(スタミナがついたように見えるが?)本当に俺は1日1時間しか練習もしてないんです、走ってもいないし。3分3Rの格闘技・スポーツで1時間も2時間も3時間も、2部練も3部練もやったりする選手もいるけど、1日1時間みっちりやる方がいいって証明できたと思います。でも俺はその1日1時間のためにご飯・食事面もそうだし、太陽に当たったり、その前しっかりリラックスして練習に行ったりとかめちゃくちゃ心掛けていたので、1時間みっちり練習する奴が強いっていうのを今からもっと証明していきますよ。

(もし続行になっていてもスタミナは持った?)もう無理でしたね(笑)。あの時は神の領域みたいなところに入ってましたよ。俺ももう無理だなと思ったんですけど、(島野も)もう効いていましたから。何が何だか分かっていなくて、何ラウンドかも分かってなくて、ラスト10秒でよく行ったってみんな言うんですけど、ラスト10秒も時間も何も分かってなくて、とりあえず行けと思って。これ行かなかったら負ける、一生後悔するなって思ってやりました。ここで下がったら全部逆転されて全部取られる、だったら俺は前に出るしかないと思って死に物狂いで前に出ました。

(神の領域とは?)あんま覚えてないですね。ボーです。でもやったことはたしかですよ、いつも通り。あれプラスもっと強くなりますから、今から。あれでスゴいとか思ってる人いるんですけど、全然全然。もっともっとヤバくなります。もう見えているんで、俺は。(今後の展望は?)2021年は俺の言ったことが全部言った通りになる年なので、まだ別にあんまり言いたくないですね。いろんなインタビューでその時のバイブスがいい時に言ったりしますよ。でも大体やってますよ。
(ファンのみなさんへのメッセージは?)ありがとうございました。俺がいい奴になったとか好青年になったとか言ってる奴も多いんだけど、そんなの別に好青年とかじゃなくて、俺はムカつく奴にはムカつくし、嫌なことは嫌って言ってるだけ。別に今回は、今回というか人のことをけなすことが自分にとってプラスではないと思ったから、そういうことは止めただけであって、愛を送り続けたら絶対愛は返ってくる。ほんとにみなさん、鏡なんで、相手は。相手は鏡、自分がやったことが絶対自分に返ってくるから、いいことを言えばいいことが、悪いことを言えば悪いことが返ってくるので、それが分かったら人生楽勝だと思いますよ。応援またお願いします」

 

選手登録