2020.12.14

 12月14日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館会の一夜明け会見が行われた。

 第4試合で藤岡裕平と対戦した和島大海は1R開始から藤岡を圧倒。強烈な左ミドルで快音をとどろかせると、左ストレートで立て続けにダウンを奪い、最後は鮮やかな左ハイキックで1RKO勝利を収めた。

 会心の勝利を飾り、一夜明け会見で「日本人選手には負けられないので圧勝というか、ダメージなく勝ててよかった」と話した和島。多彩な技について話が及ぶと「パンチでも蹴りでもヒザでも、なんでも倒せる自信はある。今後は飛び後ろ回し蹴りでもやってみようかな」と笑顔を見せる。

 また、自身が意識する木村“フィリップ”ミノルの試合の感想については「木村選手はやっぱりパンチ力はすごいし、そのパンチに耐え抜いたアビラル選手もすごい強い。打たれ強いアビラル選手も僕の蹴りやったら倒れると思うんで、やってみてもおもしろい」とコメントした。

和島大海
「昨日の試合は日本人選手には負けられないので圧勝というか、ダメージなく勝ててよかったなと思います。(どの技もバランスよく出していたように見えたが、そこは意識していた?)そうですね。まあ、試合のときはとくに何も意識せず、セコンドから聞こえる指示に従ってというか。セコンドの声はよく聞こえていて、指示どおりに戦ったという感じです。

(この階級の中では技が多彩に感じられるが、その部分について自分で思うことは? 今後、身につけたい技は?)技の多彩さというか、パンチでも蹴りでもヒザでもなんでも倒せるなっていう自信はあります。今後はそうですね……、飛び後ろ回し蹴りでもやってみようかなって思います(笑)。(一撃のパワーよりも技で魅せたい、倒したいという気持ちがある?)パワーでも圧倒したいですし、技術的な技でも倒したいなって思います。昨日もハイッキックで倒したのは初めてなので、よかったなと思います。

(最初の1~2発で相手を呑んでたような感じがしたが、心の中で余裕はあった?)自分で余裕を作るためにというか、はじめの一発はおもいきってフルスイングで、相手を威嚇というか、威圧するようなイメージでおもいきり蹴りました。(2021年の展望は?)2020年はベルトに一歩届かなかったんで、2021年こそは絶対にベルトを巻きたいなと思ってます。

(昨日の木村"フィリップ"ミノル選手の試合は観ていたら感想を)木村選手はやっぱりパンチ力はすごいですし、そのパンチに耐え抜いたというか、アビラル選手もすごい強いなと思ったんですけど。まあ、僕には蹴りがあるんで。あんだけ打たれ強いアビラル選手も僕の蹴りやったら倒れると思うんで、やってみてもおもしろいかなって思います。

(「K'FESTA.4」出場をアピールしていたが、来年の初戦にしたい?)「K'FESTA」はすごい大きい大会なんで出たいです。ダメージなく勝ててるんで、ぜひ呼んでいただければうれしいなと思います。(ファンにメッセージを)昨日は応援ありがとうございました。KOでいい感じに2020年締めくくれたと思います。また、来年は絶対にベルトを巻けるようにがんばるので、応援よろしくお願いいたします」

 

選手登録