2020.12.10

 12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~」の[プレリミナリーファイト第1試合/K-1フェザー級/3分3R]で対戦する梅田将成と松山勇汰のコメントを公開!

梅田将成
「(今回の試合が決まって)素直に嬉しかったですね。会長から出る出ない?の連絡がきた時、YESと即答しました。僕は空手時代に“技のコンビニ”と言われてたので、K-1でも魅せる試合ができるかなと思います。(対戦相手の印象は?)今年のK-1甲子園王者で普通に強いと思いますが、キャリアの差を見せつけられる内容且つ、豪快なKOを考えています。(ファンのみなさんへのメッセージは?)熱い試合を楽しみにしていただければと思います」

松山勇汰
「(今回の試合が決まって)プロデビューすることが夢だったのでとても嬉しかったです。(今年のK-1甲子園を振り返って)アマチュアで1番レベルの高い大会だと思っているので、K-1甲子園で優勝できたことで本当に大きな自信になり、今までよりもさらにやる気が出ました。(自分の持ち味は?)サウスポーという点と、フェザー級では背がかなり高い方だと思うので、リーチなどを活かして戦えると思います。左ミドル、前蹴り、膝蹴り、ハイキック、どの蹴りも得意技です。一度きりのデビュー戦を楽しんで、勝つことに集中したいと思います。KO勝ちできたら最高ですが、硬くならないよう狙いすぎず戦いたいと思います。(今後の目標は?)みんなから強い!すごい!うまい!と認めてもらえるような一流の選手になることです。そして、Krush・K-1、どちらもベルトを巻きたいです。(ファンのみなさんへのメッセージは?)デビュー戦から沢山の方に応援に来てもらうので、感謝を忘れずに、応援に来てよかったと思ってもらえるように頑張ります。今後もたくさんの人に応援してもらえるような選手になっていきたいと思います」

 

選手登録