2020.12.09

 12月9日(水)都内にて記者会見が行われ、2021年1月24日(日) 代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4~」の第2弾対戦カードが発表された。

 安保瑠輝也率いるteam ALL-WINの注目ファイターである弘輝とK-1甲子園2019&2020王者・龍華の一戦が決まった。

 今年6月のKrush新宿FACE大会でK-1 JAPAN GROUPに初参戦を果たした弘輝は、SEIYAに強烈なパンチでKO勝利。9月のK-1大阪大会では朝久泰央に敗れるも、飛びヒザ蹴りで先制のダウンを奪い、インパクトを残した。

 対する龍華2019年・2020年とK-1甲子園を連覇している、空手出身のファイター。2018年11月のデビュー戦こそ黒星だったものの、Money in the KHAOS ROYALライト級トーナメント優勝を含めて6戦6勝(3KO)と快進撃を見せ、今回は念願のK-1初参戦となる。

 中村拓己K-1プロデューサーは「弘輝選手はアグレッシブなファイトスタイルで記憶に焼き付いているファンも多いと思う。12月13日の『K-1 DX』に安保選手と共に出場することも発表され、注目度も上がっている。龍華選手は今後のK-1を担う期待のファイターとして待望の初参戦。龍華選手もバチバチに打ち合うファイターなので、二人の戦いはK-1らしいスリリングな試合になると思う」と語った。

 龍華が試合展開について「弘輝選手は打ちいたいと思うんで、それに付き合ってもいいし、自分の戦い方をして何もさせないで勝ってもいいと思う」と語ると、弘輝は「自分の戦い方、したらいいよ。それでも倒れちゃうから」と返し、両者は静かな火花を散らした。

龍華
「今回は初のK-1参戦ということで、オファーが来たときうれしくて。それに対して、期待を裏切らないようなファイトをしたいと思います、(対戦相手の印象は?)動画を二試合見たんですけど、アグレッシブでいいファイターだと思います。ただ安保選手とABEMAの企画ヤツも見て、そろそろいい年なんで、いつまでもヤンキーぶってないで落ち着いたらいいんじゃないかと思います。

(K-1初参戦で何を見せたい?)インパクトのある勝ちかたをして、今後もK-1に出られるようにできたらいいなと思います。(インパクトのある勝ちかたとは?)弘輝選手はガンガン前に出てきて打ち合おうとしてくるんで、それに付き合ってもいいですし、全然自分の戦いかたをして、何もさせないで勝ってもいいと思います」

弘輝
「自分自身、二試合連続、K-1参戦させてもらえることになって、大阪大会以上のインパクトを残してKO勝ちします。(対戦相手の印象は?)龍華くん、何歳やったっけ? 18歳? いいねえ。まあでも俺は、何歳になっても自分の気持ちに正直にいきたいから。龍華くんもいいファイターやけど、もっと気持ち出してK-1盛り上げていかな、たぶん今後おもんないと思うから。

(K-1初勝利を目指して何を見せたい?)勝ちたいっていうのはあるんですけど、K-1の舞台で判定狙って、なんか足使おうとしても、おもしろくないと思うんですよ。だから、この前と変わらんスタイルで、なおかつKOしてっていう。倒せる力をずっと見せていきたいんで、それですね。

(前回、派手な負けかたをしたが、自分の中でどう消化してる?)あれは朝久くんが強かったっていうか、世界でトップレベルのコとやらせてもらって、勝った試合よりもいいキャリアになったと思ってるんで。あれを踏まえて、いっぱい練習してるし、格闘家らしい戦いかたもちょっと練習してるんで、それを観てください。(龍華選手の今回の試合の勝ちかたに関する発言については?)自分の戦いかた、したらいいよ。べつに気遣わんと。それでも倒れちゃうから。がんばって」

 

選手登録