2020.11.24

 11月24日(火)都内・PURGE TOKYOで、12.13(日)東京・両国国技館「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~」で[スーパー・ファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]でアビラル・ヒマラヤン・チーターと対戦するK-1スーパー・ウェルター級王者・木村""フィリップ"ミノルが公開練習を行なった。

 2分1Rのミット打ちを公開したミノルは、「久しぶりの試合なんで、凄くモチベーションも上がっていて、久しぶりな分、パワーが溜まりに溜まっている状態なので、早く放出したいです」と試合が待ちきれない様子。

 試合そのものは3.22「K'FESTA.3」以来となるが「まず1~2カ月ぐらいゆっくりして、徐々に基礎体力の部分から戻していって、2カ月前ぐらいから本格的にジムワーク・練習を始めました。こんな時代ですけど、全然モチベーションが下がることなく、凄くいい感じにできています」と練習も順調に進み、コンディションも仕上がってきていることを強調した。

 今回の対戦相手であるアビラルについては、「恐れ知らずな感じで、凄く眼力が強くて、結構気持ちが強い選手なんだろうなと想像しています」と分析。「攻撃力という意味ではそこまで警戒してないですけど、凄いアグレッシブな選手ですし、パンチもキレがあるし、蹴りもキレがあるんで、危ないかなとは思っています」と警戒しつつ、「チャンピオンらしい、格の差を見せつけるような試合ができたらいいなとは思っていますね。試合は相手がいて成り立つもんなので、相手の出方も見つつ、それに合わせて自分なりにどう料理しようかその場で考えると思います」と自信満々に語った。

 木村は昨年の3.11「K’FESTA.2」から、今年の3.22「K’FESTA.3」まで、約1年間で9連続KO勝利中だ。当然、今回の試合もKOによる勝利を望まれているが、本人も「その期待をいい意味で裏切るようなKOをしていかないといけないと思うんで、チャンスがあったらしっかりと素晴らしい歴史に残るようなKOができたらなと思います」と自覚している。

 昨年6月の両国大会で木村がクルーズ・ブリッグスを右フック一撃で沈めたKO劇は、木村のKOシーンのなかでも代名詞の一つとなっている。木村はブリッグス戦のKOを上回るつもりだ。

「昨年の両国大会でのKOを上回りたいですね。非情なまでの倒し方をしたいです。(KOには相当なこだわりがある?)いやもう、ここまで来たらこだわりがあるかどうかわからないです(笑)。やっていたら必然とKOになっている感じなんで。自分のファイトスタイルがそれを引き寄せるような戦い方になっているので、そこまで意識することはないですね。だから、みんなも期待もしてくれているんですけど、KO=相当難しいことって、みんな思っているかもしれないけど、僕はそんな感覚はなくて。

 KOというのは、いろんな時の運とかタイミングもあるんでなんとも言えないですけど、しっかり試合に集中して、どんなチャンスも見逃さない姿勢で挑めば、その瞬間はしっかり捕らえられると思うので、それが僕のKOの秘訣ですね。今回も変わらず、集中してしっかりKOで仕留めようと思います」

 最後に木村は「3月にタイトルを獲ってから、久々の試合になったんですけど、ここからもう一回スイッチを入れ直して、一からスタート、ゼロからスタートという気持ちで、もう一回登ろうと思うんで注目してください」とファンにメッセージ。“KOキング”木村の新たな伝説が両国からスタートする。

 

選手登録