2020.11.20

 12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で佐々木洵樹と対戦する璃明武のインタビューを公開!

――璃明武選手は今回がK-1本戦初出場となります。これまでの格闘技歴を教えてください。

「自分は5歳から中学3年までずっと空手(空手道MAC)をやっていて、K-1も好きでよく見ていたんですね。それで最後に出た空手の全国大会で優勝して、次はK-1選手になりたいと思って中学3年の途中からK-1に転向しました」

――昨年12月のKrush後楽園大会で見せた後ろ回し蹴りでのKO勝利が話題となりましたが、あれは空手時代に培ったものなのですね。

「そうです。自分の空手の先生がああいう技をいろいろ研究していて、回転技も練習していたんですよ。空手時代にもヘッドギアをつけている相手をアレで倒したことがあります。今は回転系の技は全然練習していなくて、シンプルにパンチと蹴りのK-1の練習をしているので、子供の頃にやっていた技が体に染みついているのかなと思います」

――「当たる!」と思って自然に出た一発だったんですね。

「そうですね。タイミングや距離感は体が覚えます。ちなみにあのKOがあっててから、また少しバックスピンキックの練習をするようになって、相手も警戒しているとは思いますが、使える時は使おうかなと思います」

――今回は元Krusバンタム級王者で、璃明武選手と同じくK-1 JAPAN GROUP無敗の佐々木選手と対戦になりました。

「ボクシングでも実績があって、Krushでもチャンピオンだった選手じゃないですか。しかも負けてベルトを失った訳ではなく、王座を返上して階級を上げてきているので、元チャンピオンですが全く価値は落ちていないと思います。今までの選手では一番強いと思うし、しっかり勝って次に繋げたいと思います」

――ずばりこの強敵を相手にどんな試合をイメージしていますか?

「いろいろ考えていますけど、ボクシングで戦う訳ではないので、そこは上手く対応できるよう練習したいと思います」

――今回の試合で自分のどんなところをアピールしたいですか?

「自分はパンチで倒すこともありますし、蹴りでも倒す攻撃力を持っています。軽量級でも迫力のある試合を見せられると思います。佐々木選手も攻撃的な選手だと思うので、噛み合えば迫力のある試合になると思います」

――それでは本戦初出場となるK-1両国大会へ向け、改めての意気込みをお願いします。

「いま自分は6戦無敗なんですけど、ここでしっかり実績のある選手に勝って、次はKrushでもK-1でもトップを狙っていきたいです。応援と注目よろしくお願いします」

 

選手登録