2020.11.19

 12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]で和島大海と対戦する藤岡裕平のインタビューを公開!

――藤岡選手は今回がK-1初出場となるので、これまでの経歴を教えてください。

「試合は主に地元の九州関連がメインで、海外や中国でも試合をしてきました」

――いつから格闘技を始めたのですか?

「中学校の時に極真空手をやっていたんですけど、空手は中学で辞めて。空手をやめてからはずっとサッカーをやっていて、成人してからキックボクシングという流れです。格闘技から離れていた時期もありますが、サッカーをやっていたおかげで脚力はついたと思います」

――今回藤岡選手の試合を初めて見る方も多いと思うので、ご自身がどんな選手かを教えてもらえますか?

「自分は蹴りが得意で、ロー、ミドル、ハイ、ヒザと全部できます。そしてガツガツ行って気持ちで負けないタイプです。今回も素晴らしい相手なので打ち合って会場を沸かせて、“こいつ誰だ?”と思わせるような試合ができれば、それが一番かなと思います。今回の相手も重くて硬いので、ほんと楽しみです。バチバチに蹴り合って勝ちます」

――対戦相手となる和島選手の印象をお願いします。

「とても素晴らしい選手だと思います。自分が見た印象では蹴りが重くて硬くて、パンチも伸びてオールラウンドな選手、トップファイターだなと思います。足が硬くて、攻撃も硬そうですが、自分も我慢比べなら自信があります」

――今回は蹴り合い・我慢比べの試合を想定していますか?

「そうですね。僕は中国でもタフな相手とバチバチやってきたし、そういった経験も活かして、和島選手とバチバチに打ち合って沸かせます。今は会場で大声を出せないと思うんですけど、思わず声を出したくなるような熱い試合ができればと思います。実際に声を出しちゃダメですよ(笑)」

――ではK-1初参戦となる今回の試合へ向けて、改めて意気込みをお願いします。

「今回K-1 JAPAN GROUP初参戦で、このような素晴らしい舞台に抜擢されて、自分自身嬉しく、そして関係者のみなさんに本当に感謝しています。でもこの抜擢を『なんだ、こいつ?』とならないよう、『こいつを呼んでよかった!』と思わせる、面白い試合を見せたいです。このチャンスを楽しみますし、楽しませます」

 

選手登録