2020.11.19

 12月13日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]で藤岡裕平と対戦する和島大海のインタビューを公開!

――前回は地元・大阪大会でラーシーシン・ウィラサクレック選手に快勝でしたね。

「相手の選手が思っていたよりメチャクチャ強くてビックリしたんですけど、何とか地元で勝ててよかったです。確認していた動画よりK-1ルールに適応していたというか、パンチもしっかり打ってきていたし、強いなと思いました」

――そうだったんですね。試合を観る限り、そういった動揺を感じさせない戦いぶりでしたが。

「実際は結構焦ったんですけど(笑)、落ち着いてというか、しっかり倒し切れてよかったです。初めて右のアッパーで倒せたんですけど、あれはずっと練習してきていた技で、練習通りという感じで勝てました」

――狙い通りの一撃だったんですね。

「そうですね。相手がタイ人選手ということで(タイ人に有効な)アッパーを強化していて、それで倒すことが出来たんで、すごく自信に繋がりました。右アッパーは自分の武器になっていくと思います」

――ただKO勝ちしただけでなく、倒せる技が増えたということですね。

「練習ではいい感じで自信があったんですけど、試合で倒せたことでその自信が確実になって、確信に変わった気がします」

――今大会では初参戦の藤岡裕平選手との対戦が決まりました。

「あまり動画がなくて、1つだけ動画を確認しました。特にこれといった印象はあまりないのですが、体格が結構大きいんじゃないかなっていう感じです。今回は日本人相手ですし、しっかりKOで倒し切れたらいいなと思います」

――「ここで日本人相手に取りこぼしている訳にはいかない」といった気概を感じます。

「そうですね。今後もっと強い外国人選手と戦っていきたいと思っているので、ここでは負けていられないです」

――その上で目指すものはタイトル戦であったり木村"フィリップ"ミノル選手との再戦ですか?

「はい。今大会には木村選手も出場するので、同じスーパー・ウェルター級として比べられると思うんですけど、木村選手の方が試合順が後になると思うので、しっかり僕がKOして木村選手にプレッシャーを与えられたらと思っています」

――倒して勝つことへの意識がより高まっているようですね。それでは最後にファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

「今回の試合は圧倒してというか、相手に何もさせず倒したいと思います。今回もしっかり勝ってまたベルト目指して頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録