2020.11.04

 11月4日(水)福岡市内にてECO信頼サービス株式会社Presents「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

 第2試合にはK-1ジム琉球の代表に就任して2戦目となる小鉄が福岡出身の絢太と対戦。合計3度のダウンを奪って3RKO勝ちを収め、キャリアの差を見せた。

 沖縄に活動の拠点を移して初勝利を挙げた小鉄は「(ジム代表として)プレッシャーは多少あったのでホッとしている」と安堵するとともに「僕がもっと活躍することで僕の次の選手も活躍したり、もっとジムに選手が増えてくると思う。いずれは沖縄大会をやりたい」と将来的な沖縄大会の開催や今後の自身を含めた沖縄勢の活躍を目標に掲げた。

小鉄
「ホテルに帰って映像を見て、決着はKOだったんですけど、想像していた通りきれいな感じじゃなく、ちょっとゴチャゴチャっとなっていて。客観的に見ても面白い試合ではなかったと思うので、反省点が多い試合になっちゃいました。(沖縄に拠点を移しての初勝利で周囲の反響は)沖縄に帰ってみないと分からないんですけど、(ジム代表としての)プレッシャーは多少あったのでホッとしています。(前回と今回の違いは?)前回は対人練習がほぼできていなかったので、今回は前回よりは(対人練習が)できていたのでそういう中で感覚は少し戻せたかなという感じでした。

(今後の目標は)選手としての目標はもちろんベルトを巻くことなんですけど、それプラス僕はもうジムの代表です。今、僕に次ぐ選手も出てきたので、僕がもっと活躍することで僕の次の選手も活躍したり、もっとジムに選手が増えてくると思うので、自分がジムを引っ張っていくイメージです。

(改めてジム代表として初勝利をあげることができて)相手選手のデータがなくてどんなもんかなって、ああいう名前も聞いたことがないような選手に負けるようなことがあってはほんとに終わりだと思っていたので、KOは当たり前と思っていました。最低でもKO勝ちがは当たり前だと思っていて、KOをしてマイクを持って沖縄大会やりたいと言えたので、その目標は達成できたかな、そこはよかったかなと思います。

(代表になり)本当に応援してくれる人が増えて、より負けられない環境になったので、そこが一番変わりました。本当にいろんな人が応援してくれるし、会員さんもみんな『頑張ってください』と送り出してくれました。だから絶対に負けられなかったし、KO勝ちしてマイクを持てたからそこはよかったかなと思っています」

 

選手登録