2020.11.04

 11月4日(水)福岡市内にてECO信頼サービス株式会社Presents「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

“北九魂”を掲げる福岡県北九州市出身のSATORU成合はベテラン山本真弘と対戦。序盤から山本とスピーディに打ち合い、試合終了間際に左ボディでダウンを奪って判定勝ちを収めた。一夜明け会見では「判定まで行っちゃったのは悔やんでいます」と反省しつつ「あれだけのベテラン選手と試合できて成長できた」と手ごたえを語った。

SATORU成合
「昨日は山本選手というレジェンドファイターと戦えてすごく光栄でした。自分が向かっていく立場なので、どんどん攻めてKOで倒したかったんですけど、判定まで行っちゃったのは悔やんでいます。(倒しきるのは難しかった?)今回は倒すことしか考えていなくて、前回は相手が急遽サウスポーに変わって全然対策とかできなくて、頭が真っ白になってダメな試合をしちゃったんです。それで今回は冷静を保とうと思ってやって、ちょっとスイッチが入るのが遅かったかなと思います。

(今回は冷静だった?)頭真っ白にならないようにと自分がもともと意識していたのと、山本選手のベテラン感のある距離感や戦い方でなかなか入れなかったです。(地元での試合について)メインイベントのK-Jeeくんもメイン過ぎるぐらい盛り上げてくれたので、定期的に福岡大会を開催して頂いたら、そこで次こそ地元の人たちにKOを見せたいので頑張ります。

(ベテランの山本に勝ったことについて)あれだけのベテラン選手と試合できただけでも成長できたと思うし、今回ただ前に出るだけじゃなく色々と落ち着きを持ちながら戦うことが自分の中でテーマだったので、そこは成長できたかなと思います。(煽りVでのリーゼント&ギャルTシャツに関しては)一応撮影用です(笑)。昔一緒に遊んでいた人は懐かしいかなと思って」

 

選手登録