2020.11.04

 11月4日(水)福岡市内にてECO信頼サービス株式会社Presents「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

 K-1・Krushのクルーザー級戦線で活躍する実力者のRUIを、2RにKOするというド派手なK-1デビューを飾ったANIMAL☆KOJI。試合後には、やはりクルーザー級の実力者である愛鷹亮に宣戦布告するなど、豪快な試合内容とキャラクターで、一夜にしてその名をあげた。

 昨日同様、一夜明け会見にも一房のバナナを持って姿を現したANIMALは「率直に俺って生きてるんだなっていう実感がありましたね」と感想を述べると、対戦相手のRUIにも、「今までずっとK-1でやってきて実績のある選手だし、総合から来た俺とやるメリットもなかったと思うし、その中で試合をやってくれて感謝してますし、本当にリスペクトしてます。テンキュー・RUI!」と人を食ったような感謝の言葉を述べた。

 昨日の自分は「ちょっと優しさのあるアニマルだった」と振り返ったANIMAL。「僕は私生活がアニマルなんで、本音でK-1とぶつかり合いたいなって思っていますね」と、本格的にK-1侵攻を企てているようだ。

 今後の目標も明確だ。昨日名前を出した愛鷹以外にも、シナ・カリミアンやそのシナを倒してK-1クルーザー級王者となったK-Jeeの名前を出し、「一人ひとり倒していきたい」と、K-1のクルーザー級総なめを宣言。さらに、「シナが持っていたベルトを見て、K-1のベルトを噛み砕いたらおもしろいんじゃないかなと思って。そのためにはチャンピオンにならないといけないし、自分がどこまで噛み砕けるか、チャレンジしてみたいなというところですね」と、独特の表現でベルトへの野望を口にしていた。

ANIMAL☆KOJI
「昨日の試合を振り返って、率直に『俺って生きてるんだな』っていう実感がありましたね。あとはキリンのヒザは思ったより長いし、硬い。でも、このひげに守られたんで、そこは良かったなと思って。とりあえず一発目の狩りは無事に成功したんで。対戦相手のRUIも今までずっとK-1でやってきて実績のある選手だし、僕は総合から来た選手なんで、やるメリットもなかったと思うし、だけど、その中で試合やってくれて本当に感謝してるし、九州を盛り上げたいという気持ちも凄い伝わったんで、それは本当にリスペクトしてます。テンキュー・RUI!(昨日の試合の中でのアニマル度合いは?)まあ、ちょっと優しさのあるアニマルだったなって。これからもっと、僕は私生活がアニマルなんで、私生活というか、本音でK-1とぶつかり合いたいなって思っていますね。

(これからのK-1 JAPAN GROUPでの目標や野望は?)とりあえずは一人ひとり倒していきたいなと。K-Jee選手もそうだし、シナもそうだし、愛鷹選手もそうだし、クルーザー級の選手全員を食っていきたいなと。ただ一番最初はそう思ってたけど、なんかシナが持っていたベルトを見て、K-1のベルトを噛み砕いたらおもしろいんじゃないかなと思って。そのためにはチャンピオンにならないといけないし、やっぱあれは単純にめちゃめちゃ硬そうだし、自分がどこまで噛み砕けるか、チャレンジしてみたいなというところですね。

(注目度も上がってると思うが、その手応えは感じてる?)まあ、久しぶりのグローブだったんであれだけど、このグローブのほうが本来の僕の動きが出せるのかなって。だから、手応えは凄いありますね。(総合の試合を経験して、良かったところは?)総合の選手は、多分全般的に単発が多いと思うんですね。だから、キックの選手は連打でその中に強攻撃を入れたりとか。総合の選手は例えば、一発一発のジャブとかフックに全身を込めて打つ選手が多いんで、やっぱり単発。距離感も違いますし。で、そのパンチを受けてきたんで、そういうところでは頑丈さも磨かれてきたのかな。

(倒したい選手の名前を上げていたが、もう一人クルーザー級のトップどころの加藤久輝は練習仲間。対戦は考えられない?)K-1出場が決まった時から、久輝さんとは話していますけど、お互い行くところまで行って、最終的には同じ階級なのでやらざるを得ない。その時はお互いにK-1のベルトを懸けてやる。そうなったらやりますね」

 

選手登録