2020.11.04

 11月4日(水)福岡市内にてECO信頼サービス株式会社Presents「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第8試合でブラジルのヴィトー・トファネリと対戦した野杁正明。2Rに右ストレートでダウンを奪うも倒し切れず、判定勝ちという結果に終わった。一夜明け会見で、野杁は戦前から目標としたKOを上げられなかったことを「実力不足」と反省しながらも「次爆発させたい」と前を向きなコメント。改めて今後の目標として、自身にとって2階級制覇となるウェルター級王座獲得のチャンスを熱望した。

野杁正明
「昨日は勝ったんですけど満足いく内容でもなかったですし、反省点が残る試合だったなと思っています。でも勝って反省できるのはよいことだと思うので、昨日の内容を次の試合に活かせれたらいいなと思っています。

(3Rにトファネリがクリンチを多用したことについて)倒すことしか考えていなかったし、3Rにああやってくることは想定内だったんですけど…。そこを打破する力が今の僕にはなかったので、ただ単に僕の実力不足だなという感じです。(今後の目標は?)早くベルトが欲しいです。やっぱりベルトを持たないと意味ないと思うので。僕はウェルターのベルトを獲るためにスーパーライトのベルトも返上しましたし、早くチャンスが欲しいなっていう感じです。

(倒せないことで焦りはあった?)焦ってはなかったです。ただ技を散らし過ぎたというか1つの技に絞り切れず、ダメージを与えるだけ与えてしまってそのまま終わってしまったっていう感じでした。試合が終わってからセコンドの方たちともいろいろ話し合って、次に向けての改善点もその場ですぐに見つかったので、次は期待していてほしいなという感じです。(練習内容を変える?)変えようかなと思ってるんですけど、特に細かな部分しか変えないです。それはトレーナーと相談してどんどん練習していくっていう感じです。(KOという)有限実行できていなくて、K-1はKOで勝つことが1番だと思うので、それを体現できるようにしっかりエネルギーを貯めて次爆発させたいなと思っています」

 

選手登録