2020.11.04

 11月4日(水)福岡市内にてECO信頼サービス株式会社Presents「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

 VS日本人選手無敗を誇る初代K-1女子フライ級王者KANAに、スーパーファイトで判定勝利を収めた壽美。会見冒頭で、大金星を獲得した試合を「本当に周りにいてくれる方々が自分の勝利を信じてくれてたから、強い気持ちで挑めた試合だったと思います」と振り返った。

 試合前からKANAを「憧れの存在」と公言していた壽美だが、K-1女子の第一人者であり現王者を破ったことで、近い将来、タイトルマッチが組まれる可能性も高くなった。しかし「今回の試合に勝たないとタイトルマッチを組んでもらえないと思っていた。ここからがスタートだと思っています」と謙虚に語る壽美。「次にリングに上がる時は100倍ぐらい強くなって上がれるようになろうと思っています」と、タイトルマッチまでにさらなる進化を遂げることを目標に掲げた。

「強くて精度の高い攻撃を身につけたい」と、具体的な強化部分も見えている。「自分は本当にK-1のベルトが欲しい。チャンスがあればいつでもできるように準備はします」と、悲願のK-1のベルト獲得に邁進していくことを誓っていた。 

壽美
「昨日の試合は本当に周りにいてくれる方々が自分の勝利を信じてくれてたから、本当に強い気持ちで挑めた試合だったと思います。(憧れの存在に勝ち、一夜明けてどんな心境?)試合までの毎日は凄い緊張とか、凄い張り詰めていて、『勝つぞ』という気持ちになったり、緊張で『うー……』となったりしてたので、ひとまず勝てたので良かったなと思います。(試合中はどんなことを考えていた?)試合中は本能に任せて戦っていたので、そんなに憶えてないんですよね、いつも(笑)。(試合前の作戦はセコンドとどのように話した?)今までずっと、前に前に『ワーッ!』って行ってしまう感じでしたけど、今回はそれだけで勝てるような相手ではないので、自分はどちらかというと背が高いほうなので、リーチを活かし戦おうとみんなで決めて、徹底して練習して挑みました。

(これでタイトルマッチの可能性が見えてくるが、それも含めて今後の目標は?)今回の試合に勝たないとタイトルマッチを組んでもらえないと思っていたので、自分は本当にK-1のベルトが欲しいので、欲しいからこそ、今回の試合はタイトルマッチだと思って挑みました。なので、本当にタイトルマッチを組んでもらえるように、ここからがスタートだと自分は思っています。ここからもっともっとがんばって、次リングに上がる時は100倍ぐらい強くなって上がれるようになろうと思っています。(発言権はあると思うが、タイトルマッチへの時期的な要望は?)チャンスがあればいつでもできるように準備はします。

(タイトルマッチまでに強化したいところは?)やっぱり一発一発の精度が、まだ自分は相手に痛いって思わせられてないなと思うので、攻撃全て一つ一つ強く、どの攻撃をもらっても痛いって思うような、強くて精度の高い攻撃を身につけたいと思います。(試合後に『試合になると人格が変わる』と発言していたが、スイッチが入るタイミングは?)自分の前の方が試合をしている時に、ドンドン変わっていきます。自分じゃなくなるというか(笑)。普段の自分じゃなくなります。(終わったら戻る?)試合が終わると戻りますね。なんか戻ってる気がします(笑)。(同じジムの女子選手が活躍しているが、それは刺激を受けている?)もう本当に先輩方の背中を見て、学ぶことも多いし、毎日が刺激をいただいているというか、練習の中でもそうだし、試合を見てもそうだし、先輩もベルトを持っているし、私も絶対欲しいって思う、本当に自慢の先輩です」

 

選手登録