2020.11.04

 11月4日(水)福岡市内にてECO信頼サービス株式会社Presents「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1九州初上陸~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行われた。

 現体制のK-1として九州初上陸となった今大会のメインでは、地元・九州のK-JeeがK-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチで王者シナ・カリミアンに挑戦。1Rの開始と同時にカリミアンはバックブローを繰り出すが、K-Jeeは接近して左ボディを連打。カリミアンがパンチを返すと、K-Jeeはハイキックを合わせるなど攻め手を緩めず。右フック・右クロスと打ち込みダウンを奪うと、右フック・左フックを振るったところで、カリミアン陣営からタオルが舞い、K-Jeeが快心の勝利を収めた。

 Krushクルーザー級に続き、見事K-1クルーザー級のベルトを奪取したK-Jeeは「技術的な反省はあるけど、やってやったぜという気持ちはあります。一つステージが上がったと思うし、このステージをどう駆け上がっていこうかっていうプランを練っていきたい」と更なる飛躍を誓う。また地元・九州大会のメインを締めたことについては「責任を感じながら心の準備をしたのは今回が初めてで、すごく疲れました。いい経験になりました」と振り返り、福岡大会の定期開催に話が及ぶと「九州vs本州とか、いつも活躍しているトップ選手に九州の選手がケンカを売りにいきたい」と展望を語った。

K-Jee
「昨日はありがとうございます。技術的な反省はあるけど、やってやったぜという気持ちはあります。今回チャンピオンになれて、一つステージが上がったと思います。そのステージではまたスタート地点に来たわけで、どう駆け上がっていこうかっていうプランをを練っていきたいなと思いました。(福岡での念願の戴冠だが?)まだ試合が終わって、何も起こってないのでとくに実感はないですね。ただ、カリミアン選手に勝ったというだけで、これからそういう実感や、チャンピオンになった責任とか出てくるのかなと思います。

(重量級で日本人がチャンピオンになるのは厳しいと見られる中で、それを成し遂げたことについては?)そうは言っても、ほとんど日本人しかいないからね。いまは外国人も全然呼べないですし。いま、こういう形ができてるだけで、これから外国人選手をいっぱい呼んで、レベルの高いクルーザー級、K-1になってくるんじゃないかと思います。

(自分が福岡大会のメインを締めたことについては?)ワンマッチだったら、応援してくれる人の思いで『勝たなきゃ』とか、自分が勝ちたいという思いだったけど、大会の責任もあるなぁという。そういう責任を感じながら、心の準備をしたのは今回が初めてで、すごく疲れました。いい経験になりました。(来年以降の福岡大会については?)やっぱ、九州の選手は気合が入ってると思うし。例えば来年はテーマを作って、九州vs本州とか。いつも活躍している本州のトップ選手に、九州の選手がケンカを売りにいきたいなと。そうは言っても、もし野杁(正明)くんとか木村("フィリップ"ミノル)選手が出るときは、もうすごい強い外国人相手を当てていいと思います(笑)。

(ベルトを巻いた感想は? 今日も起きてみてベルトがあったと思うが?)いやまあ、それはありますよね(笑)。ベルトを獲ったんで。(特別な感慨はない?)う~ん、ないですね。これからがんばらないとっていう、そっちですね。ただ獲ったじゃいけないし、ただ戦うだけでもいけないし。このK-1っていうものを使って、いろいろ仕事をしていかなきゃいけないというか。近くにあるんで、責任を感じます。

(名実共に九州福岡の顔になったが、地元でのPR活動としてやりたいことは?)今ここで『これをしたい!』というのはまだないです。自分に何ができるかというのを、最初に話したようにこれからプランを立てて、順に活動していって、このステージを乗り越えてたいです。それでまた次のステージに行って…とやってていければと思うので、これからそういう作戦を立てていきます。

(自分のイメージの中で、九州を引っ張ってる有名人というと?)エ~、九州を引っ張ってる……、博多華丸・大吉さんですかね? モロに名前に地名が入ってますし。(そのように自分も活躍を?)まあ、走ってるレールが違いますけど(笑)、自分は格闘技をこっちで広めていく活動ですよね。先輩方のように頑張っていきたいです」

 

選手登録