2020.10.18

 10月18日(日)都内にて「Krush.118」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日のセミファイナルで松本篤人と対戦した鈴木勇人。タフな松本の的確なボディ攻めに苦戦する場面があったものの、3Rに強烈な左ボディストレートで松本からKO勝利を収めた。

 これで2連続KO勝利となった鈴木は「今までで一番色んなことを学べた試合だった」と松本戦を振り返り「これから身を引き締めて、一から練習し直して、しっかり上の選手を喰って行ってやろうと思います」と今後の目標を語った。

鈴木勇人
「昨日は松本選手がすごくタフで根性があって、今までで一番つらかった試合でした。(実際に松本と戦って感じた強さは?)正直映像では強さが分かりづらかったんですけど、向き合ってみたら本当にやりづらかったです。松本選手は根性もあって、研究されていましたね。蹴りも蹴らせてもらえなくて…とにかくやりづらかったです。(ボディを効かされる場面もあったが?)ああいう削り合いの展開で息が上がっているときにボディをくらうと効くんだなと思いました。ボディをもらって嫌だなと思ったのは今回が初めてで、そういう意味でも勉強になりました。

(苦しい試合を勝って成長できた?)今まで15戦やってきたんですけど、一番色んなことを学べた試合でした。ああいう接戦は試合中に気づくことも多くて、かなり大きなものを得た一戦だったと思います。(最後に倒しきれたことについて?)このまま判定に行っちゃうかなと思ったんですけど、ずっとどこかに突破口がないかを考えて戦っていて。どれだけ顔を殴っても倒れなくて下がらなくて、そのなかでボディを嫌がったのが分かったので、ボディで行くしかないと思っていきました。最終的にボディが良い形に入って倒せてよかったです。

(今後の目標は?)やっぱり一番をとらないと意味がないと思っているし、僕の上には強い選手がたくさんいます。昨日の試合でトップ選手に挑戦するというのは失礼かもしれないませんが、僕としては収穫が多かった試合です。これから身を引き締めて、一から練習し直して、しっかり上の選手を喰って行ってやろうと思います」

 

選手登録