2020.10.18

 10月18日(日)都内にて「Krush.118」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日の第1試合ではK-1ジム五反田チームキングスに移籍して初戦となる利川和希が斎藤祐斗に判定勝ち。移籍して追求してきたスタイルの成果は感じたものの、倒せなかったことを悔やみ「次は絶対に倒します」とファンに約束した。

利川和希
「昨日の試合は結果的には勝ったんですけど、僕的に内容は全然ダメダメでした。でも勝って反省できることはよいことだと思うので、それはよかったと思います。

 試合自体が10カ月ちょっとぶりだったんですけど、動きはアップからめっちゃ軽くてキレもあるなって感じて、試合中も動きのキレはよかったと思います。試合の展開作りとかそういったところがダメだったなって思います。第1試合のプレッシャーは特になくて、どうせ第2・3試合でやるんだったら第1試合で試合をして火をつけたかったので、逆に第1試合でよかったと思います。

 ジムを移籍して、絶対に強くなっているという確信もあったし、戦い方も多少なりとも変わってきて、倒しに行くスタイルを追求して練習した成果は少しはありました。ただ倒せなかったので、そこは課題です。(今後の目標は?)そこはもうKO、それに尽きます。KOしてなんぼだと思うので。お客さまは高いお金を払って試合を見に来て下さっているので、もうそれに尽きます。

 昨日は勝ったんですけど全然ダメダメでした。Krushには1回出場したことがあったんですけど、みなさんに名前を覚えてもらえるような試合内容ではなかったです。よくみんなが言っていると思うのですが、次は絶対に倒します。だから期待していてください」

 

選手登録