2020.10.18

 10月18日(日)都内にて「Krush.118」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 今大会で唯一の重量級となったクルーザー級の一戦で、Krush初参戦のサッタリ・ウィラサクレックが谷川聖哉を右フックで2Rに一撃KO。衝撃のデビューを果たしたサッタリは「次はもっとよい動き、パフォーマンスをお見せできる」と期待を抱かせ、「日本でチャンピオンになる」とKrush、K-1での王座奪取を目標に掲げた。

サッタリ・ウィラサクレック
「まず最初にKrushとK-1グループのみなさんに今回チャンスを頂けたことを本当に感謝したいと思う。自分自身はもっと良い動きができると思っていたが、約2年のブランクがある中での試合の結果としては良い試合だったのではないかと思う。次はもっと良い動き・パフォーマンスをお見せできると思う。

(試合を振り返って)昨日の対戦相手は空手をバックグランドを持つ、とてもタフな選手という印象だった。しかし今回、自分は日本へ勝つために来たので、相手が誰であろうと倒すという気持ちで臨んだ。自分の最初の目標としてはKrushのベルトを獲りたいと思っている。

(日本での目標は?)自分は大きな夢を持って日本にやって来た。相手がどんな選手であろうと戦って勝つつもりでいるし、最初の目標はKrushのベルトで、その次にK-1のベルトを狙っていきたい。それが日本に来た自分の目的だ。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)チームのみなさん、ウィラサクレック会長、そしてファンのみなさん、スポンサーのみなさん、これまで自分をサポートしてくれて本当に感謝している。みなさんのサポートがなければ今の自分はないと思っている。みなさんのサポートが決して間違いじゃなかったことを、日本でチャンピオンになって証明したい」

 

選手登録