2020.10.18

 10月18日(日)都内にて「Krush.118」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 K-1ジム蒲田チームアスラに移籍した伊藤健人が第3試合で安達元貴と対戦。試合は接戦となったものの最終3Rに右フックでダウンを奪取して判定勝ち。伊藤は新ジムはもちろん旧ジムの関係者にも感謝を告げ「年内にもう一試合したい」と意欲的な姿勢を見せた。

伊藤健人
「昨日はKOで勝ってマイクで話すまでが自分の目標だったんですけど、マイクを持てなかったので、この場を借りてコメントさせてください。昨日は、このご時世の中、会場まで見に来て下さったみなさまありがとうございます。昨日はジムを移籍して初めての試合で、前所属のK-1ジム目黒の内田会長はじめ、仲間、今でも応援して下さるみなさまには本当に感謝しています。今移籍したチームアスラの太田代表には、勝って感謝を伝えることができて本当によかったです。

 昨日の試合の内容に関しては、イメージとは違って全然自分の動きができなかったです。その誤差が結構あって、それは練習でしか直すことができないと思います。練習と昨日の試合での課題をそのまま継続して、次の試合で変わった姿を見せようと思います。

 移籍してから結構いろんな方にお世話になっていて、練習環境もそうですし、いろんな方に練習に付き合ってもらいました。今回は勝ちたかったというのが1番で、その方々に結果で見せたかったので、1つ結果で見せられてよかったです。

(ダウンを奪ったパンチは?)あれも練習していたことで、あそこから倒し切ることが課題でした。最後まで詰め切れなかったことがセミやメインなど最後を張る選手との差だなと終わってから感じました。(今後の目標は?)年内にもう一試合したいので、ぜひお願いします。試合を組んでもらった時は必ず倒して勝とうと思っています。

 今、ジムを移籍してK-1ジム蒲田チームアスラとして進んでいるのですが、変わらずみなさまのおかげで選手としてやっていけています。ここからまた上に上がっていけるよう頑張っていくので、これからもご声援よろしくお願いします」

 

選手登録