2020.09.27

 9月27日(日)都内にて、「Krush.117」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日の第5試合で変則的な蹴り技を得意とする吏羅をパンチでなぎ倒した小倉尚也。「大技に気をつけて落ち着いて戦うことができた」と試合を振り返ると、試合後の「こんな世の中だけど、元気出していこうぜ!」という絶叫マイクにも言及。「僕なりのエールですね。格闘家としての自分が試合をして、できることだと思ってやりました」と語った。

小倉尚也
「昨日は応援ありがとうございました。自分自身、連敗中でひさびさの試合だったんですけど、落ち着いて試合できたので、いい結果につながったと思います。(試合内容を振り返って?)大技とかには気をつけて。シミュレーションとか練習ではあまりできなかったんで、ちょっとそこの面は不安でしたが、リングに立ってみて、けっこう落ち着いてできたので、そこがいい結果につながったかなと思います。

(変則的な相手に勝てた要因は?)無理せず詰めないで、ゆっくり削っていこうと思いました。映像を見ていても、みんな中間距離で見合っちゃうシーンが多かったので、自分はそこをちょっとうまくプレッシャーをかけようと思っていて。それが実行できたので、いい結果につながったと思います。

(試合後のマイクで珍しく絶叫していたが、何か特別な思いが?)そうですね(笑)。まあ、こんな世の中なんで生きにくいですし、つらい思いをしてる人も多いと思うので、僕なりのエールですね。格闘家としての自分が試合をして、できることだと思ってやりました。僕なりのみなさんへのエールです。(反応は?)自分ではスベッたかなと思ったんですけど、わりと反応はよかったです(笑)。

(今後の目標は?)前から言ってるんですけど、スーパー・バンタムのチャンピオンを目指してやってます。KOしたあとの試合が大事だと思ってますので、次に切り替えて、気持ちを引き締めてやっていこうかなと思ってます。(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。こんな世の中なんで大変だと思いますけど、“もっと元気出していこうぜ”みたいな感じで、これからも応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました」

 

選手登録