2020.09.06

 9月6日(日)都内にて、昨日開催された「KHAOS.11」新宿FACE大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第6試合で川越亮彦とKHAOSスーパー・ライト級で戦った齋藤紘也はこれがデビュー戦。しかし、蹴りを主体に攻め込み、2RにパンチによるKO勝利を飾った。記念すべきデビュー戦をKO勝利で飾った齋藤だが、KOは試合前から狙っていたという。「絶対KOでお客の皆さんに覚えてもらえるようにって思ってたんで」と、インパクトのあるデビュー戦をファンに刻み込もうと思っていたようだ。
 
 今後は「自分より上の選手とやって、自分がどれぐらいなのかっていうのを確かめたい」と齋藤。「2戦目3戦目も絶対KOで勝つんで、これからも応援よろしくお願いします」と、KOによる快進撃を誓った。

「昨日はプロ初戦だったんですけど、KOできて良かったと思います。(一夜明けての試合の感想は?)KOは狙ってたんで、ハイキックとかでKOできるかと思ったんですけど、パンチでKOできたんで、全然良かったと思います。(映像を見ていたら、見た感想は?)練習してきたことはあまり出なくて、距離感とか全然掴めなかったんですけど、最後練習していたパンチでいい感じで一撃でKOできたんで、そこは良かったと思います。

(デビュー戦を勝てたことについては?)デビュー戦は大事だと思っているので、絶対KOでお客の皆さんに覚えてもらえるようにと思ってたんで、KOできて良かったです。(これからのプロとしての目標、戦いたい選手、理想の選手は?)理想の選手や戦いたい選手はいないんですけど、自分より上の選手とやって、自分がどれぐらいなのかを確かめたいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)2戦目3戦目も絶対KOで勝つんで、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録