2020.08.02

 8月2日(日)東京・新宿FACEにて「ガスワンPresents K-1甲子園2020~高校生日本一決定トーナメント~」が開催された。

 2014年からK-1実行委員会のもとで開催されている「K-1甲子園」。今年は昨年・一昨年に引き続き、ガスワンブランドの「株式会社サイサン」が冠協賛として大会をサポートし「ガスワンPresents K-1甲子園2020 ~高校生日本一決定トーナメント~」として行われた。

 また「K-1甲子園2020応援サポーター」にタレントの古田愛理さん、「K-1甲子園2020 PR大使」に近藤魁成が就任し、大会を盛り上げた。

 -55kgではプロで活躍する野田蒼と武居由樹・江川優生が所属するPOWER OF DREAMで練習する大村修輝が決勝で激突。試合は軽量級らしいスピーディな打ち合いとなり、野田が終了間際に左フックで値千金のダウンを奪って判定勝利。今大会最多の24名が出場したワンデートーナメントを制した。

 -60kgは第8回K-1アマチュア全日本王者&MVPにして、ABEMA「格闘代理戦争」にも出場した薮崎陸が決勝進出。逆ブロックからはレオナ・ペタスの指導を受ける松山勇汰が勝ち上がった。試合は空手のベースを持つ松山が蹴りで薮崎を翻弄。最後は鮮やかなハイキック一発で藪崎をマットに沈めた。

 -65kgは昨年優勝の大庭龍華vs薮崎と同じABEMA「格闘代理戦争」出身の古宮晴という顔合わせに。今大会でも屈指の好カードは大庭が左の蹴りで試合をコントロールして判定勝利。近藤魁成(2017・2018)に続いて、史上2人目となるK-1甲子園連覇を成し遂げた。各階級の優勝者は以下の通り。

ガスワン Presents K-1甲子園2020 -55kg優勝
野田蒼(STYLE高等学院3年)
「自分はK-1・Krushのプロで戦わせてもらっているんですけど、まだ勝ったことがないです。その中で出たアマチュア大会だったんで、絶対に勝たないかんと思っていました。優勝できてうれしいです。プロでは-53kgでやってるんですけど、トップ選手とも戦えると思うので、いつでも試合待ってます」

ガスワン Presents K-1甲子園2020 -60kg優勝
松山勇汰(田柄高校2年)
「去年(甲子園で)負けて悔しかったので、今年は絶対に優勝してやろうと思っていたのでうれしいです。同じジムのレオナ・ペタスさんが7月のKrushでベルトを防衛して、加藤虎於奈さんが8月のKrushで王座決定トーナメントが決まっています。僕たち3人でベルトを巻きたいと思っていたので、虎於奈さんにつなげることができてよかったです」

ガスワン Presents K-1甲子園2020 -65kg優勝
大庭龍華(一橋高校2年)
「今回はK-1甲子園を2連覇できてホッとしています。K-1のライト級は選手も増えて盛り上がっていると思うんですけど、自分が一番強いと思っているので、じゃんじゃん強い選手とやらせてください」