2020.07.12

 7月12日(日)都内にて「Krush.114」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第5試合でK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTの提髪和希と対戦したTETSU。スーパー・フェザー級に階級を上げての初戦で「最初ちょっとビビった」と言い、提髪の圧力に後退を余儀なくされる場面も見られたが、徐々に落ち着きを取り戻して逆転。最終的には「この階級でもやっていける」という自信を少し掴んだという。

 実際、階級を上げてよかったところを問われると「ミットなどではいつもより動きがよかったところ。体調よく試合を迎えられた」と回答。フェザー級ではタイトルマッチも経験しているだけに、階級にマッチしてくれば快進撃が見られそうだ。

TETSU
「(昨日の試合を振り返って)昨日はちょっとやりたいことができなくて、勝てたのはうれしいんですけど、試合内容には全然満足してなくて。提髪選手が強くて僕のやりたいことをやらせてくれなかったなっていうのが印象です。

(序盤に攻め込まれましたが?)提髪選手のパワーとか、60kgに上げての初めての試合だったので、最初ちょっとビビったところがあって。でも『このままじゃアカンな』っていう迷いもちょっとあって。でも終盤になっていくにつれて、『この階級でもやっていけるんかな』っていうのは、ちょっと思いました。

(新階級でどうしていきたい?)まだまだ成長できる点は今回の試合でいっぱい見つかったんで、これからもっといろんな60kgの選手をいっぱい倒していって、いつかはベルトをしっかり狙っていきたいなって思ってます。

(階級を上げて試合をやってみて、よかった点、悪かった点は?)まず悪かった点は、僕が攻撃してみて『あれ、これって有効なんかな?』とか1Rに迷いが出てしまったところです。よかった点は、ミットの時いつもより動きがよかったところ。体調よく試合を迎えられました。

(この階級で頂点が取れる!という確信は持てた?)昨日の試合ではまだまだそんなことは見つからなかったんですけど、中継の解説でもいろいろ言われてたとおり、練習してたことが全然出なかったので、まだまだ、もっと強くなれるなと思います。ケガもしてないんで、今週から練習して、もっと仕上げてきます。

(ファンの皆さんへメッセージを)昨日は本当に応援ありがとうございました。久しぶりに勝つことができて、ホンマにうれしいです。これからももっと頑張っていくので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録