2020.06.29

 6月29日(月)都内にて「Krush.113」新宿FACE大会の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日の試合では得意のヒザ蹴りが炸裂し、竹内悠希を1ラウンドでKOした志村力輝。完璧な形でのKO勝利に「昨日はアドレナリンが出すぎて寝れなかった」というほど、興奮状態が続いたという。自粛期間中は練習も満足にできず「メンタル的なことでも結構食らってた」とのことで、その開放感から試合後にはハイテンションで爆発したようだ。

 今後は「さらにパワーとスピードを磨いてKOを量産できるように、もっとハイスピードなおもしろい闘いができるように努力していきたい」と語った志村。2020年を好スタートで発進したことで、さらなる上昇を目論む。

志村力輝
「兼清流総本部の志村力輝です。昨日の試合は思っていた通りに狙っていた技が出せて、結構完璧な高めの点数を与えてあげたいぐらいの試合ができたと思います。(一夜明けての心境は?)昨日、アドレナリン出すぎて寝れなくて、それぐらい自分で舞い上がって、振り返ってみてここがダメだったなというところはあったんですけど、全体的にはいい試合ができたと思っています。(昨日の勝因は?)最初の左ミドルで相手が嫌がってるのがわかったんで、左の攻撃全般ですかね。左のミドル、左のヒザ蹴り、左のストレート。左左左で、それがが全部うまくハマったんで、それが勝ちにつながったと自分では思っています。

(今後の目標は?)今後はさらにパワーとスピードを磨いてKOを量産できるように、もっとハイスピードなおもしろい闘いができるように努力していきたいと思います。(KOした瞬間のハイテンションはどのような気持ちの高揚だったのか?)あれはもう溜まってたものが爆発した感じでしたね。やっぱこの期間中だったので、練習も満足にできなかったり、メンタル的なことでも結構食らってたんで、それが晴れて全部開放された瞬間でああなっちゃいましたね。

(ヒザ蹴りの鋭さが目立ったが、自分の中で一番自信のある技は?)蹴り全般なんですけど、ヒザ蹴りですね。左ヒザ、あと前蹴り、あと左のミドルキックですかね。(ファンの皆さんへのメッセージは?)これからももっともっと結果を出していくので、ファンの皆様、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」