2020.06.29

 6月29日(月)都内にて、「Krush.113」新宿FACE大会の一夜明け会見が行なわれた。

 Krushスーパー・ライト級で元プロボクサーの大泉翔と闘った斉藤雄太は、延長ラウンドを制しての勝利となった。会見に出席した斉藤は「2019年は3試合して、合計3ラウンドなのに、昨日は1日で4ラウンドやったから1年分やった気がします」と長い試合に苦笑い。チームメイトからも「ダウン2回取ったのに延長入る人初めて見た」と言われたそうだが、「自分でもどうなるかわからないような展開を作っちゃって、ある意味おもしろい試合を作るなとは思った」と、内容には自信たっぷりだ。

 そして、「これからも試合自体はおもしろいと思う」と内容面に関してのアピールも忘れず、同席していた中村拓己K-1プロデューサーには「大泉選手とは話題性あるいいマッチメイクしていただいた。次回またいいマッチメイクを中村さんがきっと用意してくれると思う」とおねだりをしていたのだった。

斉藤雄太
「昨日は延長に突入しちゃって、4R闘ったんで、昨日出た選手の中で一番長く闘ったなと思います(笑)。2019年が3試合したんですけど、全部1Rで終わって、去年全部の合計が3ラウンドなのに、昨日は1日で4Rやったから1年分やった気がします。(一夜明けての心境は?)ちゃんと終わってから自分の動画を見たんですけど、作戦的には終わったから言うんですけど、やっぱりサウスポーのボクサーだったので右ミドルを多く出そうと思って、そこはちゃんとやったなという結果だったと思います。ただ、反省点はご存知の通り、反則で減点ももらっちゃったんで、あれは気をつけないとダメだなと思って反省してます。そこですね。

(昨日の勝因は?)勝因はもちろん1Rに2回ダウンを取って、そこだと思うんで。パンチはそんなに見ている人から見るとキレイな闘い方をしているタイプではないと思うんですけど、結構やってみると僕のパンチは当たるんです。やっぱり右のパンチが当たりやすいなというのと、当たれば一発あるなと、そこは武器があるからの勝因かなと思います。(今後の目標は?)今後の目標は、昨日の大泉選手とはなかなか話題性あるというか、いいマッチメイクしていただいたなと思うんで、そこはしっかり勝てたから、一歩進んだかなとは思うので、次回またいいマッチメイクを中村さんがきっと用意してくれると思うので(笑)。次につながったかなと思うので、一個ずつそういうチャンスを。僕も来月34歳で年齢的に先がないんで、取りこぼさないように掴んでいきたいですね。

(1Rに2度ダウンを取って、パンチで押し切るのかと思ったが、右ミドル主体の攻撃になったのはどういう考えからか?)昔の自分だと多分畳みかけたんですけど、過去の試合でも自分がダウンを取ったあととかに、僕は行っちゃうんで。そうすると、もし相手が冷静に立て直して、カウンターとか合わせると、それをもらっちゃって負けとかっていうパターンだったんで、セコンドからは『相手が効いてても、行くな、行くな』っていう。行くべきところは行ってたけど、変に入れ込むなとは凄い言われていたんで、自分は落ち着いてやるというのが目標だったんで、そういう意味では仕掛けすぎずに右ミドル忘れずにだったから、良かったのかなと思います。

(冷静に闘うという課題はクリアできた?)比較的、やったかなとは思います。(キャッチフレーズの殴り合いは返上?)右ミドルを出して殴り合ってるんで。殴り合うためのきっかけにしているだけなんで、結局殴り合いですね(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日、チームメイトからも『ダウン2回を取ったのに延長入る人を初めて見た』とか言われてて、自分でもどうなるかわからないような展開作っちゃってて、ある意味おもしろい試合作るなとは自分で思ったので、これからも試合自体はおもしろいと思うので、ぜひ注目しといてくれればと思います」