2020.04.03

 4月3日(金)都内にて、4月4日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.10」の前日会見が行われた。

 前回の「KHAOS.9」に続き、K-1選抜とAbemaTV「格闘代理戦争」卒業生による“7対7 全面対抗戦”が行われる今大会。五将戦では鈴木孝司(K-1ジム蒲田チームキングス) 永井卓海(team ALL-WIN/皇治軍団)が対戦する。

 出場選手の中でキャリア・年齢とも最長となる鈴木に対し、「格闘代理戦争」ではチェ・ホンマンと呼ばれていた永井。「絶対にKOします」と永井が力を込めれば「激しい試合をします」と鈴木も返し、互いに譲らなかった。

永井卓海
「今回初めて落とす体重で結構心配していた部分があったんですけど、いい具合に落とすことができました。明日は結構いいコンディションで試合できると思うので、KOを期待してください。(相手の印象は?)相手の試合を研究してきて、対策もいろいろしてきたので大丈夫かなと思います。僕は瞬発的なものは自分ではあると思っているので、できれば1ラウンド、2ラウンドでKOをしたいと思っています。

 無観客ですけどAbemaTVで見てくれる方がたくさんいると思うので、そこでデビュー戦をKOできれば目立つので、頑張ってKOを狙いにいきたいと思います。明日1番目立てるような試合をできればいいかなと思います。絶対にKOします。応援よろしくお願いします」

鈴木孝司
「コンディションはかなりよくて、今まで減量していると風邪を引いたり、体調を崩すことが多かったんですけど、今回は一切なく、かなりよいコンディションで試合に臨みます。永井選手の言っていた通りKO、激しい試合をやる予定なのでみなさん楽しんでください。

(計量を見ての印象は)相手の計量を見ていなかったです(笑)、すみません。映像を1回見たんですけど、アグレッシブな選手だと思って、それを見て激しい試合になると思ったので、激しい試合をします。(理想の勝ち方は?)僕は1ラウンドどういう感じなのか様子を見て、それが分かってから2ラウンドとか、3ラウンドで仕留めたいと思います。

 無観客試合ということなんですけど応援に来てくれる、こういう状況の中でも試合に行きたいと言ってくださった方のためにも、会場にはその人たちが来ているという思いで戦おうと思います。明日は応援に来てくださるみんなが会場に入ると思いを持って戦おうと思います。よろしくお願いします」